アフィリエイト始めました

アフィリエイトを始めてみました。

 

アフィリエイトというのは広告のことです。サイトの記事ページの一番下に、テキストでリンクが貼られています。記事の閲覧者がここをクリックした先で商品を購入すると、その中のいくらかの割合が報酬として私に入ってくる、という仕組みです。
広告を出している会社からすると「あなたのサイトに渡しの会社の広告を出してもらうのでお金あげます」という感じです。しかしまったく効果がないのにお金を出すのもなんなので、お客さんがそこをクリックして私の会社の製品を購入したら、その何パーセントかを高校代金として払います、という感じです。

 

というわけで、広告先の商品を購入される際は、ページの一番下のテキストリンクをクリックしてから買っていただけるとありがたいです。

 

ウェブサイトの多くは、このような広告で得られる収入で成り立っています。グーグルなんかもそうです。もちろん大半の人は広告をクリックしないので、広告をクリックしているわずかな割合の人たちが、広告を出している会社にとっては大事なお客様、となるわけですが。

 

最近はいろんなサイトを見てみても、思わずクリックしたくなるような内容の広告を出してくるサイトが増えました。これはいいことだと思っています。
ずっと以前は、ネットで何としても広告を得るため、サイトの内容とは全く無関係の広告をだし、思わずクリックしたくなるような言葉をつけたり、あるいは規制の範囲内でできるだけエロい広告を出して、男性ターゲットを何としてもクリックさせようとするような広告がたくさんありました。
正直こういう広告は、閲覧者がそもそも望んでいないような商品を無理やり買わそうとしている時点で、かなり迷惑なものなのです。正直「ウザい」としか思えない広告ばかりでした。

 

サイトに関係ある広告であれば、たとえばサイトでレビューしている商品への広告などであれば、買いたくなるのは当然なので、これは良質な広告のつけ方であるといえるでしょう。
あるいは最近ではAIを駆使し、閲覧者が過去に閲覧しているサイトを分析し、何に興味があるのかをAIが導きだし、的確に閲覧者がほしい商品の広告を出してきたりします。

 

もちろんハズレもたくさんあります。たとえばDLSite.comという、ダウンロード専門の同人ショップがありますが、広告でこの店の広告がよく出てきます。
私はDLSiteでよく買い物をするのですが、広告に出てきた商品はあまりよろしくないことも多いです。一度広告をクリックしてDLSiteに行ったものの、商品の評価欄を見るとどうもあまりよろしくなく、サンプルを見てみても思ったようなものではなかった、ということがよくあります。
そういう場合は、結局何も買わなかったり、あるいは別の商品を購入したりします。

 

巧みにかわされているではないかと思われるかもしれませんが、私はまったく興味もない商品の広告をやたら出してくる以前よりも、今のように少しでもほしいものに近い商品を出す広告のほうがいいと思っています。

 

ほんとにほしいジャンルの商品であれば、むしろ広告してほしいくらいですからね。
ほしくないものをおすすめするからイライラするのであって、ほしいものであれば逆に宣伝してほしいのです。

 

そういうわけで、とりあえずは私がいつもおすすめしている、通販大魔王様の広告を貼らせていただいています。
商品の質に関しては申し分なく、私自身いつもお世話になっているくらいですので、自信を持っておすすめできます。

 

そして基本、アフィリエイトといっても、私が心底からおすすめしない商品のアフィリエイトは貼りません。
本当に私が「これはいい商品だ」と思っている商品しかおすすめはしません。

 

今後は、先に述べたDLSite.comやDMMの商品も貼っていこうかと考えています。このあたりにはよくお世話になっているので。

 

DLSiteは二次元(イラストなど、実写ではないもの)が中心で、女装ものもたくさんあります。
DMMは二次元も三次元(実写)もあります。ただ最近はあまり三次元には手を出さなくなってしまいました。普通のエロ漫画とかエロボイスとかが多いです。

 

もちろんこれらに関しても、私がやってみて本当に楽しめたものしかレビューしませんし、おすすめもしませんし、アフィリエイトも貼りません。

 

今後は特に女装に限らず、いかにして性を楽しむかという内容に広げていきたいと考えています。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ