法律の問題

恋愛に関係する法律

ここで少し恋愛と離れて、法律の勉強をすることにしましょう。これらは面倒ですが、どうしても避けて通れない問題です。
ここではあまり詳細な事例までは触れず、結論だけ言っていきます。法律というのはややこしく、すべて説明するには時間がかかりすぎます。
ありがちな注意点だけ述べていきます。

 

未成年(18歳未満)との恋愛

SNSを利用していると、未成年との出会いが少なくありません。SNSの選択にもよりますが、30代が多かったり10代が多かったりと、SNSによってばらつきがあります。
たまたま仲良くなって恋愛関係になれたのが未成年だった、という場合には、法律について知らなければ大変なことになります。

 

まず有名な話ですが、大人が未成年とエッチすると違法となり逮捕されます。これは男女とも変わりません。
大人の女性が17歳の男の子とエッチしても違法になります。ただこの場合は少年側から訴えることがあまりないのと、判例があまりないので大事にならない場合が多い、というくらいです。大人の男性が未成年の少女とエッチすると、マスコミがやたら騒ぎたがるので大事に見えるだけです。どちらも違法であることには変わりありません。
これは厳密には法律ではなく、都道府県に定められている条例で規定されています。ともかく未成年とのエッチは問答無用で違法→逮捕なので、中学生や高校生とエッチしてはいけません。
ただし後で述べますが、エッチしない=恋愛関係でないという意味ではありません。相手を自分に惚れさせるのにエッチする必要は必ずしもなく、いくらでも方法はあります。あなたがエッチしたければ、エッチなしで十分こちらに惚れさせ、相手が18歳になってからエッチすればいいだけのことです。
それも待てないという方は、18歳以上の異性に手を出すようにしましょう。

 

さてここでいう「エッチなこと」というのは、体を触ったりキスするようなことも含めます。厳密には、相手が性的に不快になることをすれば違法となりうるので、こちらが安全な範囲でできることといえば、手をつないで歩くことくらいです。

 

またこちらが大人で相手が未成年の場合、相手が「まともな子」かどうかちゃんと見るようにしましょう。「まともでない子」要するに素行の悪い子は、嘘をついて親や警察に報告したりするものです。まともな子、育ちのいい正直で真面目な子は、自分が真面目に恋愛していることをちゃんと主張し、親を説得するものです。
援助交際するような子と付き合ったりするとこういう問題が起きやすいです。売春関係は特に、絶対に手を出さないようにしましょう。

 

以上を踏まえれば、大人と未成年が恋愛することは全然悪いことではありません。大人と未成年との恋愛がすぐに犯罪と結び付けられるのは、恋愛がエッチ前提と考えられているからです。
エッチしなくても恋愛はできます。特に未成年の子は恋愛に対する免疫がないので、エッチなどしなくても言葉でやり取りするだけでもすぐに恋愛に熱くなりやすいので、エッチしなくても十分ラブラブになることはできます。「好きだよ」とか「愛してる」という言葉をかけるのは違法でも何でもありません。

 

よくある話題で、未成年と恋愛するときには親に報告すべし、という意見がありますが、そんな義務はありません。特に恋愛というのは神経質でプライベートな問題で、そもそも未成年の側も親に知られたくないと考えるのが普通です。親に知られたために、せっかくうまくいきそうな恋愛が破局する可能性もあるので、まずは長期戦と見てゆっくり進めるのがいいでしょう。あまり急速に関係を進めることをせず、高校卒業したら正式に付き合う、というくらいのペースで考えるのが無難です。それまではただの知り合いか「ネットだけで恋愛している関係」としたほうがいいでしょう。
とにかく高校卒業すれば自由に恋愛できるので、それまでトラブルを起こさないように、無難に進めていきましょう。

 

参考までに、未成年同士のエッチは違法ではありません。これは不思議な話で、相手が大人だと悪いのに子供同士ではいいのか、という話です。
実は厳密には子供同士でも違法なのですが、罰則がないために刑罰を受けないというだけです。要するに日本では、未成年が誰かとエッチするのはいけないことと考えられています。
よくよく考えてみると、未成年同士のエッチのほうが後先考えないので危険なのですが、そういったことは考慮しないのが日本の法律です。

 

未成年を自分の車に乗せると違法

大人が自分の車に未成年を載せると違法になります。「誘拐罪」になります。
これも実際、捕まった例がたくさんあります。しかも捕まった大人たちは、しばしば「これが犯罪になるとは思わなかった」といいます。
たとえば家庭内暴力を受けている少女が自殺を考えていて、それを思いとどまらせるために他人である大人が車に乗せていろんな場所に連れて気分転換を図ろうとすると、この大人が逮捕されます。変な世の中ですが、法律はそういうものなので割り切ってください。下手な親切心も出せないのが現代日本の社会です。

 

未成年にエッチな写真をもらう

未成年に自分の裸の写真を自分に送らせたりすると犯罪になります。児童ポルノ法になります。
SNSで恋愛関係になってしまって、うっかり「キミの裸が見たい」などといって写真を送信させたりすると犯罪になります。
未成年というのは、大人が思っているよりもずっと世間知らずで素直なものです。「好きだから裸見せて」などというと、抵抗もなく見せる子はたくさんいます。特に恋愛関係になっていると抵抗が起きにくいです。注意しましょう。

 

ストーカー被害

あまりしつこく異性にまとわりつくと、ストーカー被害として違法になります。
しかしこれはさじ加減の難しいところで、セクハラと同じように「被害者がどう感じたか」という、実にあいまいな規定になっています。
普通の人が見れば明らかにただの恋愛のプロセスなのに、ストーカーと見られることもあります。
こういった人にはとにかく、近づかないことが最善です。間違って手を出しそうになったら、すぐに引きましょう。

 

詳細は説明しませんが、ストーカー被害にあいやすい人というのは、実は自分自身にも何らかの性格的な問題を抱えていることが多いです。とにかく近づかないように気をつけましょう。

 

ストーカーというのはネット上ででも起こりうるものです。たとえば相手のSNSに、嫌がっているにもかかわらずしつこく書き込んだり交際を申し込むなどすると、やはりストーカーと認知されます。

 

またセクハラ被害者も同様に問題のある人が多いので、近づかないようにしましょう。

 

公然猥褻(わいせつ)罪

不特定多数の人が出入りする場所でエッチすると犯罪になります。
これは「出入りしうる」という条件であって、たとえば誰もいない夜の公園でエッチすると犯罪になります。誰も見ていなくても「誰でも来うる場所」というだけで犯罪になります。

 

法律とエッチの問題

以上を踏まえてみると、およそエッチなことを要求しなければ法的に問題になることはほとんどありません。
気を付けるべきことといえば、エッチなことをしなくてもしつこすぎる交際要求とかのストーカー被害に関するものくらいです。

 

現代日本は「過保護社会」ともいえる状況にあり、昔よりも明らかに恋愛がらみの規制が強くなっており、より注意が必要、というより法律の知識がないと動きにくくなっています。
特に相手が未成年の場合は注意する必要がありますので、必要に応じてネットででも法律について調べておくようにしてください。

 
全サイトマップ メルマガ登録