お見合いという選択はどうか

現代のお見合いについて

出会いのない人が結婚するために用意されているのが、古くからあるお見合いというシステムです。
しかし現代のお見合いシステムは、昔のそれとは大きく事情が異なっています。

 

昔のお見合いは、モテるモテない関わらず、誰にでも用意されている出会いの場でした。
お見合いに出てくる人といえばだいたい20代30代で、本当に結婚適齢期の人たちが行うものでした。
もちろんすでに相手がいればお見合いはできませんが、お見合いで結婚して普通に子供ができて家庭を築く、というごく普通の結婚の流れに乗ることができました。

 

ところが現代のお見合いはまるで違うものになっています。

 

まず結婚というものが恋愛結婚を主体とした風潮に代わってしまったため、お見合いというのは「問題があって結婚できない人が来るもの」となってしまいました。
昔はモテるモテない関係なくお見合いが行われたのですが、今では「恋愛できなくてモテない人が来るところがお見合い」となってしまっているのです。
このためお見合いには、はっきりいって魅力のない人しか来なくなっています。

 

また現代のお見合いは年齢層が異常に高いのも特徴です。
昔は20代くらいでお見合いさせるものでしたが、今では30代後半は当たり前、40代50代も珍しくありません。

 

男性がお見合いに行ってしまうと、到底子供を作れそうにもない年齢の女性を紹介されたりします。さらにそういった女性は年齢的にかなり上なので、恋愛対象としても見づらく、モチベーションが全く上がりません。
おまけに婚活パーティーやお見合いサイトなどはすさまじい登録料金や成婚料金を取りに来ます。そして参加者の理想もやたら高いために異常に低い成婚率も特徴で、誰がどう見ても「普通に恋愛できるなら普通に恋愛したほうがすべてにおいて勝っている」という、どうしようもない状況になっているのが現代のお見合いシステムです。もはやシステムが崩壊しています。

 

もちろんそれは女性側からしても同じことで、恋愛などできそうにもない人を紹介されます。非常に面白くなく、どちらかというと恋愛したいというより、「危機感で結婚しなければならない」という人向けです。しかも効率自体が絶望的に悪く、非常に面白くありません。「婚活疲れ」などという言葉がありますが、無理もないことです。そのように設定されているのですから。

 

これは日本が非婚化し、それに応じて婚活ビジネスがあまりに流行しすぎたことに原因があるといえます。誰が得するのが分からないシステムになっています。

 

もしあなたがお見合いで結婚相手を探そうという場合、大手の結婚相談所や婚活パーティーに行ってはいけません。
行くなら地域に根差した小さな結婚相談所がいいでしょう。地域のおじいさんやおばあさんが、ちょっと小遣い稼ぎのために異性を紹介しているような結婚相談所です。
こういうところでは昔ながらのお見合いシステムを取っており、大手のようなぼったくりまがいの料金設定や、婚期の遅れた人を出しまくるなどのことはあまりしません(絶対ではないのですが)

 

私もそのような相談所にお世話になったことがありますが、そこでは昔ながらの価値観で見てくれており、当時私は38歳でしたが、紹介された女性は33歳までにしてくれました。35歳以上の女性は「この人はちょっと歳が行き過ぎているね」と紹介されませんでした。
大手の相談所や婚活パーティーでは、38歳やら40歳やら、平気で出てきます。

 

もちろん、親の紹介でお見合いをするならそれは問題ないでしょう。問題なので大手の婚活パーティーやらお見合いサイトなどであり、昔ながらのやり方ならあまり問題はないと考えられます。

 

ただしお見合いというもの自体、そもそも「釣り合う人同士くっつける」という意図があってなされます。つまりは一発逆転のようなことは不可能ということです。
もしあなたが40歳なら、35歳くらいの女性を紹介されるでしょう。20代の若い女性と恋愛しようとしても、それは無駄なことです。お見合いのシステム的に、40の人に20代の人を紹介することはできません。

 

これは男女逆でも同じことです。特に女性の場合、35歳を過ぎると子供を作ることが難しくなるという統計もあるので、このあたりからは急速に年配の男性を紹介されるようになってきます。
あなたが38歳なら、40後半か50前後の男性を紹介されるでしょう。同じ38歳の男性と、あるいはもっと若くてかっこいい20歳の男性を紹介されるということは、よほどの好条件(あなたがものすごいお金持ちなど)でない限りは絶対に起こりません。

 

特に恋愛感情というのは、相手が一定以上の年齢だとどうしても出てこないことがあります。

 

もしあなたがそこそこの年齢で、恋愛がしたい、とにかく若くてかわいい(かっこいい)人と熱い恋愛がしたいと考えているなら、お見合いというシステムでそれをやるのはほぼ不可能です。
自分で恋愛の相手を見つけるしかありません。

 

あなたの社会的地位

ところでお見合いというのは、ある程度の社会的地位が要求されるシステムです。
特に男性は職業が重要視されており、無職やフリーターのような地位では、まずお見合いという場に出ることすらできず、断られます。
女性は特に職業に就いていなくても、極端な話がニートの引きこもりでもお見合いに出られはするのですが、男性と違って年齢による足きりが強いです。一定以上の年齢になると、お見合いに出ても誰にも相手にされません。
フランスのマクロン大統領夫人のように、41歳で若い10代の男の子と恋愛するなど、お見合いという仕組みではどうやったってできません。

 

しかし本来、恋愛や結婚というのは、(未成年でなければ)本人たちの意志があれば誰でもできるものです。
フリーターでもニートでも引きこもりでも、誰でも二人がその気になれば恋愛できるし、お互いに「結婚する!」といえば結婚もできるものです。
お見合いというのはそういうのを許さないシステムなのです。

 

 

以上まとめますと、お見合いというのはやたらと参加のハードルが高い割に、まるで恋愛できずに大金が必要でなかなか成婚しないという、誰が得するのかわからないシステムです。
恋愛できるなら恋愛したほうが、ほぼあらゆる点において有利なのが現代です。

 

 
全サイトマップ メルマガ登録