時間がかかる

ネット恋愛は時間がかかる

ネットで「普通の恋愛」をする場合、時間がかかります。それは数か月どころではなく、年単位でかかるものと思ってください。
短くて半年程度、長いと2,3年くらいです。

 

これはリアルの出会いと比べるとずいぶんと長い時間です。リアルのお見合いでも、通常は3か月以内、長くても1年以内にはその人と結婚するかどうか決めなければなりません。これと比べるとネットの恋愛は時間がかなりかかります。
ですのでとにかく「今すぐ彼氏・彼女がほしい!」という方は、リアルの出会いを探してみてください。そしてリアルで探してもどうしても誰とも出会えない、いい人と出会えないという場合、ネットで探すことを視野に入れていきましょう。

 

ネットの出会いに対する恐怖心

なぜそんなに時間がかかるのかというと、一つは人々のネットに対する恐怖心です。
残念なことに、ネットを通じた出会いは今までに散々マスメディアやネットの記事などで叩かれてきました。特にネットを通じた未成年との援助交際や強姦魔の話題は不自然なほどにメディアに取り上げられ、人々の醜い関心を引いて話題を提供し続け、視聴率を得てきました。

 

ネットもテレビも新聞も、メディアは「ネットの出会いは危険」のイメージを植え付けることに成功してきました。
具体的には「女性がネットで知り合った男性と会うとレイプされる」というような意味です(実はネットの出会いの危険はこれだけではないのですが、人々はだいたいこのイメージを持っています)

 

それに応じて、たとえば「オフ会は危険」「オフ会に参加すると犯される」というような偏見が生まれてしまっています。

 

実際に私はネットで開催されているオフ会に何度も参加したことはがありますが、危険な現場に出くわしたことは一度もありません。
女子中学生や女子高校生とカラオケで騒いでいたこともあります。それでも危険なことは一切なく、それどころか参加した大人たちは中高生に「早く帰らなくて大丈夫?」「ご両親が心配するから、このへんで終わろうね」などと気を使っていたものです。

 

中高生を犯すなどという事件をやらかすのはほんの一部の人たちがやっていることです。ほとんどの人は良識的で無害です。しかも昔に比べると強姦犯罪そのものはずっと減っています。

 

ごく一部の悪質な性犯罪者をメディアがやたらと取り上げるため、ネットの出会いは危険というイメージがすっかり定着しています。そしてこういう情報を、まともな人ほど信じています。
そのため、ネットで「まともな人」との恋愛をしようと思うと、まずはこの警戒心を解かなければなりません。それはうわべだけの信頼関係ではなく、あなたが本当に良識ある人であることを示さなければなりません。

 

実際、ネットで知り合った女性と出会おうとした場合、成年か未成年かに関わらず、警戒し始めます。たいてい、こちらが思っているよりも警戒しているものです(女性から男性に会おうという場合はそれほど警戒されません)

 

なのでネット恋愛で信頼関係ができてきて、もし「そろそろ会えるかな?」と思った場合、もう少し踏みとどまるようにしてください。迷った場合、先延ばしにするのです。それくらいがちょうどいいです。

 

無理に出会おうとすると、拒絶反応されることがあります。こうなってしまうと信頼関係もなくなってしまうので、今までの苦労が無駄になってしまいます。
そしてそれが原因で人間関係が切れてしまっても、落ち込まないでさっさと次にいってください。だいたいネットの恋愛では、「普通の恋愛ならとっくにカップル成立しているのに、それ以前の段階で破局した」ということがよくあるのです。その原因がだいたいこれです。
多くの人は、ネットの出会いに関しては不当に危険だと思い込まされています。それを忘れないようにしてください。

 
全サイトマップ メルマガ登録