検索しても出てこない「ネット恋愛のしかた」

検索エンジンは意味があるのか?

もしあなたがネットで彼氏や彼女を見つけようとしていて、しかしその方法がわからずにグーグル検索で「ネット」「恋愛」「方法」などで調べたとしましょう。
残念ながら、良質な記事はほとんど出てきません。

 

SEO対策とは?

ネットの世界にはSEO対策と呼ばれる方法があります。
SEOとは、検索エンジン最適化と呼ばれる方法で、情報をうまく整理したり有力なドメインなどを使うなどする方法で、自分のサイトを検索エンジンの上位に来るようにする方法です。
そして私たちが検索エンジンを使って調べ物をするときに見る情報は、これらの検索エンジン上位にある情報です。

 

これら検索エンジン上位にある情報は、必ずしも情報そのものが私たちにとって役に立つとは限りません。
それどころか、多くの検索エンジン上位にある情報は、情報の中身はそれほど役に立たないにもかかわらず、「うまく検索上位に食い込むように設定されたもの」であるため、「一見役に立ちそうに見えて実は役に立たない」というものが多いのです。

 

これはグーグルなどの検索エンジンの仕組みに問題があります。私たちにとって本当に有益な情報が何なのかを判断しているのはグーグルの社員ではなくグーグルが作ったコンピューターなのです。
人間ではなく機械が「有力な情報」を判断するのですが、検索エンジン上位に出てくる情報というのは、いわばこれら機械をうまくだまし、さほど有益でなくても検索上位になるように作られた情報、といっていいものです。

 

「本当に有益な情報」を書いても、SEOという特殊な作業をしないと検索上位に表示されません。
それよりも、「実践しても効果はないが、人々の注意を引きやすい文章」のほうが検索上位に表示されます。
そしてそのサイトの製作者は、その閲覧数を利用してお金を儲けます。結局はこういうサイトも、私たちにとって有益であるかどうかよりも、サイト制作者がいかにお金を儲けるかという目的で作られているのです。

 

もちろん検索上位にくるサイトがすべてそうではなく、本当に有益な情報を載せているところも非常に多くあります。
むしろ一般的にいえば、グーグル検索の上位に出てくる情報というのは、私たちにとって本当に有益な情報が多いのです。

 

しかしこの「出会い」や「恋愛」関係に限っては、特にネットの世界でも人気ジャンルのため、悪質な金儲け目的の業者によってほとんどが検索上位を埋め尽くされています。

 

試しに出会いや恋愛で検索してみますと、ほとんどのサイトでは一見それっぽい情報が書かれているのですが、ページの一番下をみてみると「おすすめの出会い系サイト」が紹介されているのです。
サイト制作者が出会い系サイトに読者を誘導し、読者が会員登録したらその報酬としてサイト制作者が出会い系サイトからお金をもらえるという仕組みです。
そもそも出会い系サイトというのは、まともな恋愛ができる場所でもなければ、効率的にエッチできるような場所でもありません。誰の目的も果たせないような場所に誘導したがるサイトが、良質のサイトであるはずがありません。
そして残念なことに、ネット検索してもこんなサイトばかり上位に来ます。グーグル検索は、少なくともネット恋愛に限っては、あまり効率的に機能していません。

 

 
全サイトマップ メルマガ登録