自作ラブドール・完成版

さて自作ラブドールの完全版ですが、脚付きの状態まで作れればあとは簡単です。
脚付きの状態で全身タイツを使いましたが、これの腕の部分と頭部の部分に綿を詰めれば完成です。

 

画像:自作ラブドール完成
自作ラブドール完成

 

腕も脚と同じように関節があるので、脚と同じ要領で、ハンガーにタオルケットを巻き付けます。
ただ腕は脚よりもずっと細いので、タオルケットも布地の薄いものを使うといいでしょう。

 

私は腕については、細い自在枕をそのまま入れています。
自在枕はそのままではどこで曲がるかわからないのですが、腕は激しく力を加えることがあまりないので、ハンガーで骨を作らなくても気になりません。でも気になるならハンガーを使うといいでしょう。
腕を2本作ったら、そのまま全身タイツに入れます。

 

頭部ですが、全身タイツの頭部の部分に綿を詰めます。この綿は何でもいいのですが、私はホームセンターに売っている小さなクッションから綿を取り出して詰め込みました。

 

頭部の綿を詰め込むときはちょっと注意が必要です。何も考えずに詰め込むと、顔面がボコボコになって不自然に見えます。丁寧に少しずつ入れて、顔面っぽい形になるようにしましょう。

 

腕と頭部を作ったら全身タイツのジッパーを閉じ、上から全身ストッキングをかぶせます。
この上に、頭部にはウィッグを、胴体には乳房の詰め物とオナホールを装着し、上から下着と制服を着せれば完成です。

 

 

収納

完成したものをそのままにしてもいいのですが、割と大きさがあります。同居人がいたりするとみられて大変です。
楽な収納方法として、胴体に使う枕だけ取り出し、残りを収納しておきます。脚と腕は、関節を折りたためばかなり体積を減らせます。

 

折りたためばバッグに入れることもできます。バッグのジッパーに南京錠をかけておけば安心です。誰かに「この南京錠は何?」と聞かれたら、「エロ本やエロDVDがいっぱい入ってる」と答えればいいでしょう。
もちろんこうではなく、もっとバラバラにして収納することもできます。でもあまりバラバラにすると、使うときに組み立てるのが大変で面倒です。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ