自作ラブドール・脚付き

自作ラブドールに脚をつけます。これは大変すばらしいもので、肉体的な感覚が非常にリアルになります。
セックス時の男性の触感覚の快感は下半身に集中しており、自分の腰から太ももにかけて、女の子の股間、お尻太ももあたりまで接触します。この感覚が味わえると一気にリアリティが増します。

 

ただ脚の材質については、手を抜くことはできません。市販ダッチワイフのような、ビニールを空気で膨らませただけのものではリアリティがありません。
ストッキングに綿を詰めるだけでもそれっぽくは見えますが、実際は脚全体がふにゃふにゃで、一本の長い風船のようです。脚には膝という関節部分があり、ここを基準に曲がります。太ももやスネの中心で曲がったりするとがっかりします。

 

 

脚の作り方

脚をリアルに作るためには、骨組みと肉体を別に用意する必要があります。

 

私の場合ですが、まずはなるべく太いハンガーを2本用意します。これが脚の骨の代わりです。
このハンガーを分解し、1本の長い鉄線にします。素手でやるとかなり力がいるので、ペンチがあるといいでしょう。
ふつうの大きさのハンガーだと、これでだいたい脚の骨の長さと同じくらいになります。これをそのまま使います。

 

次にタオルケットとタオル、さらに念のためオーバーニーソックスを用意します。これは脚の肉の代わりです。タオルケットはあまり分厚すぎないものを選びます。分厚すぎると太すぎる脚になってしまいます。細すぎた場合は上からタオルをつけ足して太さを調整できます。
直線にしたハンガーにタオルケットを巻き付けていきます。これが脚の肉です。タオルケットの端が厚くなっている辺は太もも側(上側)にします。太ももの方が太いからです。

 

画像:ハンガーにタオルケットを巻きつけるイラスト
ハンガーにタオルケットを巻きつけるイラスト

 

これで脚の形を作るのですが、そのままでは棒のようにまっすぐな脚になってしまいます。人間の足は、下に行くほど細くなります。
そこで太ももに近い部分はタオルを上からさらに巻き付けて、太さを調整します。太ももは付け根に近いほど太いので、そうなるように微調整します。付け根が一番太くなるよう、2つ折りにして巻いたりします。

 

下脚については、そのままだと太くなりすぎていることが多いので、無理やり細くします。下脚は下に行くほど細くなり、足首が最も細いです。そこで細くするために、薬局で買えるテーピングや粘着包帯を使って、きつく縛って細くします。

 

先ほど作った上脚についても、太すぎる部分は粘着包帯とテーピングでしばって細くし、最初から細すぎる部分はタオルやほかの衣類などをつけ足して太くします。
人間の足は、だいたい太ももが一番太く、足首が一番細いです。

 

今回私はタオルケットの代わりにちょうどいい大きさの自在枕があったので、これを使いました。できあがったものです。

 

画像:作った脚
作った脚
画像:ハンガーを内部に通してある
ハンガーを内部に通してある

 

できあがったらこれにオーバーニーソックスを着せて、全体の形を作ります。これをもう1本作り、脚の完成です。
足の部分もちゃんと作っておきましょう。タオルや何か衣類を詰めてオーバーニーソックスをかぶせます。

 

画像:オーバーニーソックスをかぶせたもの
オーバーニーソックスをかぶせたもの

 

そして全身タイツを用意し、作った脚を2本入れます。シワができないように注意します。

 

画像:全身タイツに2本の脚を入れた
全身タイツに2本の脚を入れた

 

さらに全身タイツに胴体に使う枕を入れてジッパーを閉めます。
さらに全身ストッキングを用意し、これらを入れます。これで脚と胴体の完成です。

 

画像:脚付きラブドール・裸の状態
脚付きラブドール・裸の状態
画像:脚付きラブドール・服を着せた状態
脚付きラブドール・服を着せた状態

 

自在枕を使う

自在枕という商品があり、ホームセンターに売っています。これは一般には長細いクッションで、曲げると関節のような曲がり方をします。

 

私の場合、脚にタオルケットを巻き付ける代わりに、ホームセンターで売っている太めの自在枕を使いました。
ただ自在枕はどこでも曲がりますので、まるっきりこのままではおかしなところで曲がってしまいます。そこで自在枕の中心に、やはり太いハンガーを1本突き入れ、これを骨の代わりにしました。これでかなり曲がりにくくなり、骨っぽい感じになりました。ハンガーの役割は重要です。

 

自在枕は今ではもう品切れしているかもしれません。その場合はハンガーにタオルやタオルケットを巻き付けるやり方でいいと思います。

 

 

全身タイツと全身ストッキング

amazonで全身タイツや全身ストッキングが売られています。「全身タイツ」「全身ストッキング」で検索してみてください。

 

全身タイツは肌色のものを選びましょう。ストッキングは中身が透けるので、全身タイツが白色だったりすると肌の色が白く見えてしまいます。
全身タイツは通常、飲み会の一発芸などに使われるもののようです。ですがこれはラブドール制作に使えます。
でも全身タイツは、触った質感や色が人間の肌とかなり違いますので、この上からさらに全身ストッキングをかぶせることで、人間らしい質感になります。

 

全身ストッキングは人間(女性)が着用することを前提にしているので、用を足すための穴が股間にあります。全身タイツは一発芸用途なので、穴がありません。したがってオナホールは、全身タイツと全身ストッキングの間に入れるといいです。

 
全サイトマップ メルマガ登録