自作ラブドール・胴体のみ

自作ラブドールの最も簡単な完成形として、胴体のみ、というのがあります。この形のメリットとして、組み立てに時間がかからず簡単です。
まずは一番簡単な「胴体のみ」で、だいたいの要領をつかんでいきましょう。

 

胴体は適切な大きさの枕を一つ用意し、これを胴体に見立てて下着や制服を着せるだけです。

 

画像:胴体のみのラブドール
胴体のみのラブドール

 

服を脱がすとこのようになっています。

 

画像:胴体のみのラブドールの下着状態
胴体のみのラブドールの下着状態

 

このように枕を人間の胴体に見立て、まずはブラジャーとパンツを着せます。ブラジャーの下には乳房の詰め物を、パンツの下にはオナホールが装着されています。
乳房の詰め物は省略できても、オナホールは省略できません。そうでないとどこに射精していいかわかりません(制服でこすって制服にぶっかけるのもありですが、制服が汚れるのでおすすめしません)

 

 

枕の大きさと質

枕は大きすぎても小さすぎても不自然になってしまいます。ちょうど女性の胴体と同じくらいの大きさにならないといけません。

 

私が使っている枕の大きさですが、縦

 

この枕、制服を着せた時点では少し大きすぎる気がするので、もう少し細めのものの方がいいかもしれません。それでも制服を着せるとある程度締め付けがあるため(スカートなど)、だいたいいい形に収まります。

 

枕があまり小さすぎると制服がぶかぶかになり、つかんだ感じも人間の肉体とはかけ離れたものになります。枕の中身の綿が少なすぎたりやわらかすぎたりすると、上に乗っかった瞬間にぺちゃんこにつぶれてしまい、まるでリアリティがありませんので注意してください。
逆に枕が太すぎたり長すぎたりすると制服を着せられなかったりするので、これもよくありません。しかし枕が小さすぎるよりは、少々大きすぎるほうがリアルですので、心配なら少し大きめの枕を使うといいかもしれません。

 

また枕の質ですが、いわゆる「高反発」のものを選んでください。
低反発枕というのがあり、なんだかおもしろそうに思えるかもしれませんが、低反発は抑えるとなかなか元に戻らない質のもので、人間の肉の感覚とはかなり違います。なにか奇妙な病気にでもかかったかのような肉感なので、低反発はやめましょう。

 

 

胸の詰め物

セックスするときにおっぱいがまったくないのではおもしろくありません。ブラジャーをつけるだけで、胸のふくらみは再現できるのですが、中身がないとつかんだ時にスカスカです。
私は通販大魔王の「キューティーティッツ」」というのを使用しています。5000円近くするので少し高いのですが、感触がリアルな割には安いのでおすすめです。
もう少しリアルで巨乳のものに「おっぱいアイちゃん」というのもありますが、こちらは15000円するようです。

 

5000円でも高いという場合、アダルトショップで適当な詰め物を買ってきましょう。経験上、1000円程度のものは感触が全くリアルではなく、ゴム風船みたいな感じのものもありますので、個人的にはおすすめしません。

 

 

オナホール

オナホールは別の章でも説明しているのですが、ここでもやはり通販大魔王のオリジナルオナホールがおすすめです。
ただラブドールに装着する場合、あまり大きなものだと装着した時に重すぎてパンツに入りきらなかったり、股間部分だけ不自然に巨大に突き出たりするので、見た目も重視するなら小型の方がいいです。
個人的には通販大魔王の「リリス」のシリーズがおすすめです。小さめでも十分気持ちいいです。もちろんヴィーナス・リアルのような巨大なものでも、通常は装着は可能ですが、あまり小さいパンツをはかせた場合、行為中にパンツがずれてオナホールが外れてしまったり、パンツが伸びたりするので、注意してください。

 

※現在(2017年1月時点)、通販大魔王のオリジナルオナホールは商品切れが続いています。入荷次第お知らせとなっていますが、実際には入荷した瞬間に売り切れたりするので、入手が困難になっています。
感触の近い別のもの(フレッシュライトなど)で代用するか、サイトに張り付いて入荷した瞬間を狙うか、考えなければなりません。私は入手できるときに入手しておき、ストックするようにしています。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ