胸を膨らませる

胸を膨らませる

女装者にとって、女性のような乳房に見せることというのは大変魅力的なことです。

 

しかしそれはとても難しいことでもあります。衣服の上からなら、とりあえず硬めのブラジャーをつけておけばそれっぽく見えますし、乳房相当のゴム状のボールを胸に2つ入れてもそれっぽく見せられます。
これらはあくまで服の上からそれっぽく見せる方法で、衣服を脱ぎ、生の胸をさらしたときに乳房が膨らんで見えるようにすることは、通常のやり方ではまず不可能です。

 

少々無理やりですが、胸を膨らませて見せる方法があります。

 

 

3DCGを使う

3DCGソフトとは、立体的なバーチャル空間上に物体を作ったり、それらをアニメーションさせたりするソフトのことです。
これらは非常に取り扱いが難しく、ふつうの動画編集者のプロでも、これを扱える人はあまりいません。

 

具体的なやり方

3DCGと言っても、中で人間を作って何かをさせるわけではありません。編集すべきはあくまで動画に写っているあなたの姿です。

 

まず3次元空間上に1枚の板を作ります。そしてバーチャル空間上のカメラでその板を映します。
(ここは18禁サイトではないので、今回は服の上から変形を施します)

 

画像:3DCG上の一枚の板
3DCG上の一枚の板

 

その板の上にあなたが撮った写真を写します。これで今普通にその静止画を見ているような状態になりますね。

 

画像:3D空間上の写真
3D空間上の写真

 

そしてこの状態でこの一枚の板のあなたの乳房に相当する部分だけを膨らませます。これで出来上がりです。

 

画像:完成した豊胸画像
完成した豊胸画像

 

要するに写真を裏側から、乳房の部分だけ膨らませて撮影させたというだけの話です。
今回は服の上から膨らませたので、バストの形が服の上にそのまま出てきて少々不自然ですが、裸体だとかなりうまくできあがります。

 

簡単なように見えますが 実際には 写真と全く同様のライティング(光の当て方)をしなければなりません。写真をとった場合の部屋と全く同じ光の当て方を再現しなければなりません。

 

光の強さ、色だけでなく、それらの光の反射光もすべて同じように再現しなければ、自然にその形は出来上がりません。

 

またこの板の変形についても、ポリゴンという板をバーチャル空間上で変形させなければならず、これも簡単ではありません。
これらは非常に難しく専門的な知識なしには することはできません。

 

とてもややこしいことをしているように見えますが、これ以外のソフト、たとえばAfter Effectsなどのプロ用編集ソフトを使っても、このように自然に膨らませることは無理なのです。
残念ながら平面的な編集ソフトでは、このように自然に膨らみを出すことは、今のところできません。

 
全サイトマップ メルマガ登録