いろいろなボイスチェンジャーソフト

VCS

有名なのは、通称「神ボイスチェンジャー」と呼ばれる「AV Voice Changer Software Diamond Edition」というソフトです。
これは11000円以上するソフトで、高価ですがうまく変更できます。
「神」とつくだけあって、現在存在するボイスチェンジャーの中では最もクオリティが高いものと思われます。
リアルタイムで音声を変更することもでき、スカイプなどでのライブチャットにも使えるようです。
使い方も簡単なので、お金を出してもいいというなら使ってみるといいでしょう。

 

Adobe Soundbooth

有名なADOBE社には音声編集専門のソフトのSoundbooth(サウンドブース)というソフトがあります。
これの機能で音声のピッチを変更することができます。
この変更もかなり自然で、私が聞いた限りでは、上記のVCSと同じくらい自然に声が変更できます。
リアルタイムには対応していないので、スカイプでしゃべりながら音声を変更、ということはできません。
このソフトも有料です。現在はAdobe Auditionというソフトに統合され、2180円/月のサブスクリプションプランになっています。
ボイスチェンジャー目的だけで購入するには高価すぎるので、これ単体で購入するくらいなら上記のVCSのほうがいいでしょう。

 

Cubaseシリーズ

CubaseというDAW(作曲ソフト)には、Pitch Correct(ピッチコレクト)というプラグインがあり、これで音声の高低を調整できます。
ただしCubaseはもともと作曲用のソフトなので、扱いが難しいです。またボイスチェンジャーとしてのクオリティはVCSやSoundboothよりも悪いので、あまりお勧めできません(もともと歌専用のピッチ変更機能です)
このソフトはフォルマントの調整ができるので、単に音声のピッチを上げ下げするよりははるかに自然に変更できますが、上の2つほどきれいには出来上がりません。
これも高価なので、もしあなたが音楽制作が趣味で、偶然このソフトを持っているのであれば、使えるかもしれない、という程度です。

 

Audacity

フリーソフトで音声編集ソフトがあり、このAudacityもその一つです。
フリーの音声編集ソフトとしては最高レベルで、ピッチ変更機能がついています。
しかし単に音の高さを変更するだけなので、ボイスチェンジャーとして使うには苦しいものがあります。
無料なので、とにかく不自然でもいいから高い声にしたいという場合はいいかもしれません。

 
全サイトマップ メルマガ登録