毛穴を消す

毛穴を消す

男性と女性の大きな違いとして、体毛の毛深さがあります。
女性の体毛は男性よりも細く、数も少ないです。男性のほうが体毛が太く、数も多いです。

 

画像:毛を剃った太ももの画像。
毛を剃った太ももの画像。

 

ほとんどの場合では男性のほうが女性よりもずっと毛深いため、女性のほうがずっと肌がつるつるしてきれいです。
女性でさえ、体毛が気になって必死で毛を剃っているくらいなので、男性が女装した場合にはさらに苦労することは間違いありません。
事実、日常的に女装しているような人だと、体毛の処理にはいつも悩まされている方が多いです。

 

特に男女の違いが顕著に出てくる場所としては、脚の毛でしょう。
それはスカートをはいたとき、特に気になります。スネのあたりは靴下でごまかせるとしても、太もものあたりが気になります。
太ももは女性的な色気が出せる部分なので、特に太ももに体毛が生えていると、自分で見ていてもがっかりします。

 

毛の処理の仕方は別の章で詳しく書いていますので、そこを参照してください。

 

しかし実際のところ、いくらしっかりと体毛を剃っても、どうやっても女性と同じくらいきれいにはなりません。
もともと体毛がほとんど生えていない男性は別ですが、ほとんどの男性の場合、毛を剃っても「毛穴」が残っています。
毛そのものがなくなっても、大きな毛穴が見えるのです。脚のすべての毛をピンセットで抜いたとしても、女性と同じくらいつるつるにはなりません。
至近距離で見ると、黒い毛穴がたくさんあるのが見えます。毛穴自体、奥のほうが黒ずんでおり、また穴そのものに陰影があります。
なので完全に毛を抜いたとしても、まるで短い毛がまだ生えているかのように、黒い粒が残っているのです。

 

ぼかし(ブラー)

これを編集によって、ほぼ完全に消すことができます。
高度な編集ソフトには「ぼかし」という機能があります。ソフトによっては「ブラー」ともいいます。
ぼかしというのは、ちょうどカメラのピントが合っていない部分を写した時のように、ぼやけて見える現象です。
画面をぼかすことで、小さな毛穴を見えなくしてしまいます。

 

画像:ぼかしをかけた後の太もも。
ぼかしをかけた後の太もも。

 

高度な編集ソフトでは、ぼかす部分を細かく指定することができます。たとえば肌色を指定することで、肌色に近い部分だけぼかすことができます。
ふつうにぼかしを使っただけでは、衣服や背景までぼかされてしまうので、不自然に見えてしまいますが、肌色だけぼかせば衣服などはぼかされないため、より自然に見えます。

 

このとき少し注意すべきこととして、たとえば背景が肌色に近い色だと、背景もぼかされてしまいます。
背景がぼかされるならまだ気になりませんが、衣服が肌色に近い色だと、衣服がぼかされていかにも不自然に見えてしまいます。
衣服はあまり肌色に近い色でないほうがいいでしょう。

 

また肌の中でも、光の当たり方によってすべてが同じ色ではありません。
ぼかす部分を明るい肌の色に指定した場合、肌の中でも光が当たらず暗い部分ではあまりぼかされず、毛穴が見えてしまったりします。
このあたりはうまく調整することが必要です。肌色の中間くらいの明るさの部分を指定し、肌全体がまんべんなくぼかされるようにします。

 

ノイズ消去(グレイン除去)

さらに高度な編集ソフトでは「ノイズ消去」「ノイズ消し」という機能があります。
AfterEffectsでは「グレイン除去」という機能です。グレインというのは撮影時にできる細かいノイズのことです。

 

これはもともと撮影時にできるノイズを自然に消すための機能です。本来の使い方ではありませんが、これを使うと、ぼかしの時よりもさらにきれいに毛穴を自然に消すことができます。私が毛穴消しの編集をやるときは、ぼかしではなく必ずこのノイズ消去を使います。

 

画像:ノイズ消去をかけた後の太もも。
ノイズ消去をかけた後の太もも。

 

これも細かい設定はぼかしのときと同じで、色を指定してその色に近い色にノイズ消去をかけていきます。

 

AfterEffectsではこの機能により、非常に自然に女性のような滑らかな肌に見せることができます。

 

上記のぼかしとノイズ消去は静止画なのであまり違いがわからないかもしれませんが、動画にすると違いがよくわかります。
ぼかしはどうしても肌色の部分全体にかかってしまうので、イラストのような不自然に平坦な画になりがちです。
ノイズ消去は毛穴だけ認識して消すので、体の凹凸を消してしまうほどではありません。

 

ただの「ぼかし」のときは、肌の毛穴は消せますが、肌全体が均一でなめらかな質感になってしまいます。
やりすぎるとイラストのように平坦になり、実写映像としては不自然で、加工したのがバレバレになることが多かったのです。
ノイズ消去の機能は、ノイズを消してほかの要因は残しておくような仕組みになっているので、しっかり設定を行えば非常に自然に毛穴を消すことができます。

 

ぼかしと異なり、非常に多くのパラメータの設定ができるのも特徴です。
たとえばノイズサンプリングといい、ノイズと認識するサンプルをいくつか映像から採取し、それ以外の部分をむやみに加工しないようにします(ぼかしでは余分なところも加工されて映像が平坦化します)
ほかにも「どれくらいの大きさのノイズだけ消すのか(大きすぎる、あるいは小さすぎる粒はノイズとみなさない)」とか、細かいノイズ消去を複数回かけて平坦化を防ぐ設定などができます。

 

私に編集を依頼する場合、毛穴が気になる方は、このノイズ消去は必ず行うことをおすすめします。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ