カメラの設定

カメラの設定

自動設定について

カメラにはいろいろと自動で設定できる項目がついています。
たとえば自動フォーカス(オートフォーカス)、自動明るさ調整、自動ホワイトバランスなど。

 

面倒であれば自動設定でかまいません。よく意味を理解しないまま手動で設定をいじると、実際撮影してみるとおかしなものが出来上がったりすることがよくあります。
最近のカメラは高性能なものが多いので、自動でできるとことはすべて自動にしても、十分上手に撮影してくれます。

 

解像度

画面の大きさです。大きいほど画面に大きく映し出されますが、その分容量が大きくなるため、撮影可能時間は短くなります。
また画面が大きいほど肌の荒れなどもよく見えますので、女装動画を作るときはそこも考慮しておきましょう。

 

FPS

FPSとは1秒間に映し出せる静止画のコマ数です。大きいほど滑らかな動きになります。
ウェブカメラは多くは30FPSで、家庭用ビデオカメラでは60のものもあります。
これは単純に大きいほうがいいです。動きが滑らかできれいに撮れます。

 

ただしFPSが大きいとビットレート(1秒間に必要なデータの大きさ)が大きくなり、再生やデータのやり取りの負荷が大きくなります。
動画をどこかの動画サイトに投稿するときは大きな負荷を防ぐため、投稿時に自動で30FPSに変換されるサイトもあります。

 

フォーカス

フォーカスは焦点の合わせの調整です。面倒なら自動(オート)にしておきましょう。
ただし焦点を合わせるべき対象が真っ黒だと、カメラがうまく焦点を合わせられないことがあります。例として、冬用の制服など着ていたりすると、衣服がほとんど濃紺か黒なので、カメラがなかなか焦点を合わせられず、撮影中でも突然ぼやけたりすることがあります。
もし撮影中にカメラとの距離が一定であれば、あらかじめ焦点を合わせておいたほうがいいでしょう。

 

しかし手動フォーカスの場合、撮影中に被写体とカメラの距離が変わると、変わるたびにフォーカスの調整が必要になります。一人で撮影しているときはそんなことはできません。
なので問題が起こらない限り、できるだけオートにするといいでしょう。

 

シャッタースピード

シャッタースピードは短いほど画面が暗くなり、長いほど画面が明るくなるかわりに動くものがブレて見えるようになります。
通常の撮影なら、1/60より短ければほぼ問題なく撮影できます。1/30よりも短いとややブレが目立つようになり、1/8あたりだと何を動かしても画面がブレて残像が付くようになります。
もし1/60で画面が暗すぎるようなら、後述の明るさ調整で明るくしてください。

 

ホワイトバランス

ホワイトバランスで照明の色と画面の色を合わせます。自動でできるものは自動でやると楽ですが、手動でも調整できます。手動でやる場合、いろいろいじって、一番気に入ったものを選びましょう。

 

これは本来、室内の照明の「色」によって調整する項目です。ですが女装動画を作る場合、これの調整によって画面全体の色が変わるため、肌の色も少し変わります。
これの調整のしかたによっては、肌が色黒なのに白いきれいな肌に見せることもできます。自動ではなく、できれば手動で一番気に入った色合いのものを選んだほうがきれいに写せます。

 

明るさ調整

画面の明るさを微調整する項目です。画面全体が暗すぎたり明るすぎたりする場合、これで微調整できます。
シャッタースピードはある程度まで短いことが必要なので、はじめにシャッタースピードを調整した後にこれを調整します。

 

画面の明るさは、意外にも明るすぎたり暗くなりすぎたりすることがあります。
特に衣服の色によっては調整を変える必要が出てくることがあります。真っ白のワイシャツと黒のスーツでは、違う設定にしたほうがいいです。

 

真っ白なワイシャツで画面が明るすぎると、ワイシャツの「シワ」やボタンなど、細かい部分まで真っ白になってどんな服がわからなくなってしまいます。
反対に黒のスーツで画面が暗いと、スーツ全体が真っ黒で何がなんだかわからなくなります。

 

明るさが決まったら、服を着て少しだけ撮影してみて見返してみましょう。問題があるようなら再度調整します。
いきなり全部撮影して、後から見ると明るすぎたとか暗すぎたとかにならないようにしましょう。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ