光源について

光源について

撮影する場合、光の当たり方が重要になってきます。光源についてお話します。

 

明るさについて

ふつうプロの撮影では専用のスタジオが用意されており、照明器具も用意されています。壁は反射光を綺麗に作れるように作られていて、全体的に明るく撮影できるようになっています。
でもふつうの人はスタジオをわざわざカリで撮影することはしませんし、いかがわしい動画を作る場合はなおさらです。素人ですと器具の使い方もわかりません。
かといって専門の光源や照明器具を購入するのは値段的にも敷居が高すぎます。

 

なので多くの人は、自室で撮影することになります。照明も自室の照明を使うことになります。
しかし自室の照明だけでは通常、明るさが足りない状態になっていることがほとんどです。それでも映像を撮ることはできますが、もっと明るくしたほうがきれいに映りますので、日中に撮影できるのであれば、なるべく窓から太陽光を取り入れることを考えてください。そのほうがきれいに映ります。

 

明るさが足りないと、映像が全体に暗くなるだけでなく、ノイズの原因にもなります。
カメラで明るさの調整はできますが、暗い部屋で明るさ調整でめいいっぱい明るくするのと、明るい部屋で明るさ調整がふつう程度で撮影するのとでは、後者のほうがずっと綺麗に撮れます。明るさ調整はあくまで補助的な調整項目であり、綺麗に撮るにはもとの明るさのほうが重要です。

 

私はよく、あまり鮮明に画像を撮ってしまうと男性的な肌の粗さや筋肉などが強調されてよくない動画ができるといっていますが、明るくしたからといって肌の粗さなどがはっきりわかる、ということはあまりありません。
部屋を暗くしても毛穴による陰影はできてしまいますし、肌の粗さが目立たなくなるわけではありません。全体が暗いだけで、肌が荒れていることはわかってしまいます。

 

肌の荒さが隠せるというのはカメラの解像度のことで、これが高すぎると肌の細かいところまでよく見えてしまいます。解像度が低いと肌が割ときれいに見えます。
なのでできるだけ部屋は明るくしておきましょう。

 

光源の角度

自室で照明器具と使わずに撮影する場合、照明の位置は制限されているので、照明の角度の調整はできないかもしれません。
光源の角度を調整するには、カメラの位置を変えて光の当たる角度を調整します。

 

よほど毛深くなければ、体を写すだけなら照明の角度にまで神経質にこだわる必要はないと思います。
でも顔を写す場合はかなり無理が出てくることが多いので、照明の角度を調整する必要が出てきます。場合によっては照明を購入したほうがいいでしょう。

 

照明に関しては専門の器具を使わなくても、たとえば勉強用の蛍光灯を使ってもいいです。2000円程度で手に入ります。ただし部屋の照明と色が違う場合、どちらか一方だけ使うようにしないと、いろいろな色の光が混じるとおかしな映像になってしまいます。

 

肌を綺麗に見せるためには、光の明るさや色よりも光を当てる角度のほうが重要で、特に肌に対して斜めから光を当てると、毛や毛穴の陰影が肌に映ってしまい、汚く見えます。
これらの欠点を目立たなくするには、光を肌に垂直に当てるか、後方から当てるようにします。

 

アダルト動画のパッケージなどでよくある撮り方ですが、女優さんの真正面から強い光を当てることで、細かいシミやシワ、肌のいろいろな欠点を消してしまえます。
美術的にはふつう、真正面から光を当てるのはよくないとされていますが、目的が目的なのでこのようにします。

 

もう一つ、真後ろあるいはやや後方から光を当てるやり方があります。
これは何かというと、顔正面に直射光を当てないことで、強い陰影ができなくするのが目的です。
ぼんやりとした陰影しかできないので、肌の粗さやシワ、ゴツい骨格などはかなり緩和されて見えます。

 

要するに直射光が顔面に当たらないようにし、なおかつそこそこ明るさが確保できていればいいのです。これも美術的は悪い光の当て方ですが、肌の欠点を隠すことができます。

 

実際、私が鏡を見ながら顔も見つつオナニーするときはこのやり方を使うことがほとんどで、シワや骨格の欠点が消えてしまい、ふつうに見たときよりもずっと美人に見えます。いつもはゴツい男の顔なのに、まるで若い女性のように見えます。
ただしこれの欠点として、撮影するときに光が足りず、後で見てみると何が映っているのかわからないくらい暗くなることがあります。鏡を見て楽しむときには使えます。

 

自室で撮影する場合、人によって光源の場所、明るさ、位置はさまざまだと思います。
なのでいろいろ試してみて、一番きれいに見えるところを探してください。
顔がきれいに映らないからといってすべて化粧のしかたのせいにするのではなく、光源や明るさによっても非常に見え方が変わるということを覚えておいてください。

 

最後に、光を肌の真横から当てる方法があります。
斜めだと陰影ができてしまいますが、完全に真横だと陰影ができませんのでとても肌がきれいに映ります。
ただしこれは顔面のように、もともと凹凸のある場所では陰影ができて汚く映ってしまいます。体、特に太もものあたりは真横から光を当てると10代のようなすべすべの肌に見えたりします。撮影目的ではあまり使えませんが、自分の体を見ながらオナニーするときはおすすめです。

 
全サイトマップ メルマガ登録