どこが「皮」なのかわからない

どこが「皮」なのかわからない

どこが「皮」なのかわからない

包茎という言葉は以前から知ってはいましたが、当時はそもそもどこがペニスの「皮」なのかよくわかりませんでした。
なぜかといいますと、自分であえて皮をむくということをそのときまで一度もしなかったので、ペニスの皮を見ても、これがペニスの本体で皮はどこにもないものだと思っていたからです。
まれに偶然的にペニスの皮が少々むけることがありましたが、その内部(つまりペニス本体)に触ると激痛がしたので、この皮のようなものは皮ではなく「肉」の一部で、不用意にむかないほうがいいものだと思っていました。

 

それまではオナニーするときでも、皮をかむったままごしごしと皮ごとこする感じで、それでも十分快感はあったし、射精もできました。
このようにペニスを皮をかむったまま一度もむかずに過ごしていると、あるとき皮を向いてペニス本体に触ると、外の刺激に慣れていないために激痛がします。
でもそれは外界からの刺激に慣れてしまうとたいして感じなくなります。だから医者は「皮をむいてしばらく過ごせば……」といったのですね。
ちなみにそのお医者さんも昔は私と同じくらいの包茎だったようで、初めて皮をむいたときに私と同じように激痛がしたということを教えてくれました。

 
全サイトマップ メルマガ登録