ペニスの「使いすぎ」で病院へ

ペニスの「使いすぎ」で病院へ

ペニスの「使いすぎ」で病院へ

体験談ですが、私が20歳くらいの頃、ペニスがちょっと痛むような気がしたので泌尿器科に見てもらったことがありました。
診断の結果はまったく異常なし、その後も問題なく、今でも何なのかわかっていません。たぶんオナニーのしすぎだと思いますが。

 

そんなにオナニーしすぎたのか、1日に20回くらいしたのかと思われそうですが、そういうものではありません。
そのときエロい絵を描いていたんですね。特に絵が趣味というほどではなかったのですが、なんとなく描いてみたかったので描いていました。
どこかに発表するつもりも何もなかったので、清純そうな女の子が素っ裸で大股広げている絵を、もちろん無修正の状態で描いていました。

 

で、前の章でも述べたのですが、エロい創作をしていると非常に興奮した状態が長続きします。
途中でオナニーしたりはしなかったので、数時間の間、勃起した状態が続きました。
1日中描いていたので、かなり長い時間です。たぶんそれが原因だと思います。別に病気でもなんでもなくて、放置してそのうち痛みはなくなりました。医者がいうには「筋肉痛かな?」ということでした。

 

そのとき医者に「包茎ですねぇ」といわれました。それで手術が必要なのかと質問したら「うーん……」とよくわからない返事が返ってきました。
手術が必要かどうか確かめたかったので、別の病院にいって相談したら「手術しましょう」といわれました。
でも手術が怖かったのと、なんとなくその医者が信頼できなかったのもあって、さらに別の病院で診てもらうことにしました。

 

エロ雑誌などで「包茎手術の○○クリニック」とか広告が出ています。
どうやら無痛で手術できるとか何とかで、こういう病院に行ったらいいかな?とも考えましたが、なんとなく怪しそうなのと手術に対する恐怖で行きませんでした。

 

それでしつこく、今度こそ信頼できそうな病院を見つけてそこで診てもらいました。
すると「これくらいなら、普段から皮をむいて過ごすようにすれば治りますよ、手術は必要ありません」といわれました。

 

医者によっていろいろ意見が違うので困りましたが、とりあえず手術というのをしたくなかったので、その医者のいうとおりにすることにしました。

 
全サイトマップ メルマガ登録