外出について

外出について

女装して外出するリスク

女装がうまくできるようになると、なぜだか外出したくなるときがあります。

 

心のどこかで誰かに見せてやろうという気持ちがあるかも知れないし、見られるか見られないかというスリルがほしいのかもしれません。
しかし一般論でいうと、外出するのは非常に難しいです。
まず第一に、周囲にばれないかというリスクです。なんといっても女装癖というのは、ふつうは絶対に周囲にばれてはいけないものです。

 

外出する時間帯
どんな偶然が起こるかわからないので、特に自分の家の周囲で歩いていたりすると、予想外に知り合いに出くわしてばれてしまう、という可能性がまず考えられます。
また誰にも遭遇しなかったとしても、知り合いの誰かが家の窓から見ており、気づかないうちにばれていて、いつの間にか近所の噂になっていたとか、考えられなくもありません。

 

もし家の周りをうろつくなら深夜の時間帯をおすすめしますが、深夜だからといって必ず誰にも遭遇しないというわけではないので、完全に安全とは言い切れません。

 

世の中見てみますと、屋外で本当に真っ暗な場所というのはあまりなく、人の通る多くの場所は明かりがついています。
そして本当に明かりのない真っ暗なところを歩くのは、それはそれで危険です。なのでどうしても、誰かに出くわすという可能性は完全には消し去れません。

 

外出するときはせめて顔がばれないよう、縁の大きい帽子をかぶり、顔ができるだけ隠れるようにするといいでしょう。

 

画像:縁の大きい帽子

 

さらにウィッグの前髪をたらし、顔の半分が見えないようにするとさらに効果的です。

 

外出する場所

近所ではなく、車などで遠くに行くともっと安全です。
もし女装していることがばれても、たぶんその相手は知り合いではないので、その後の生活に影響することはまずないでしょう。
ばれてもその後のリスクが少ないので、遠くにいくなら夜でなく日中でもリスクは小さいです。

 

移動する方法として車や電車などありますが、女装道具というのは案外量があるので、そこそこ大きいバッグにつめていかなければなりません。
それでおすすめなのはもちろん車です。自分の車ならふつうに車に乗り、車の中で外に見えないように着替えてしまえばいいのです。

 

これが電車などの公共交通機関では難しくなります。着替える場所を確保しないといけないのですが、案外そういう場所はそこらにはありません。
もし男性用のトイレで着替えると、出てくるとき女性になってしまうので、かなり怪しまれます。男女共用のトイレで着替える手もあります。

 

誰もいないところを探せばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、人間のふつうの生活空間で「誰の視界にも入らないところ」というのは意外にも少ないものです。
都市部の屋外ではいたるところに人がいますし、屋内でもまったく人のいないところはなかなか見つかりません。

 

郊外農村部にいってみても、意外にも田畑で作業している人、なんとなく散歩している人などがいたりします。
そしてまったく人気のないような森林や山林でも、細い道があれば木材を積んだ車が通ったりするし、もっと山奥に行ったりすると今度は猿や熊が出てくるような危険な場所になってきます。

 

あまり考えず、とりあえず女装衣装をバッグにつめて外出したはいいけど、まったく着替えることができなかったというような起こりうるので、事前に十分に計画を立て、下調べをしておきましょう。

 

衣装の種類の問題

もし人目につくようなところを歩くなら、学生服などを着て歩くともちろん、すぐさま怪しまれます。

 

よほどばれないという自信があればいいのですが、大人の男性がセーラー服を着て、他人に顔を見られて男性だとばれないかというと、かなり疑問です。

 

せめて普段着のような衣装にしましょう。どうしても学生服を着たい場合、絶対に誰もいない場所でやりましょう。

 

季節と天気の問題
実はこれが意外と大きな問題です。

 

どんな衣装かにもよりますが、たとえば2月に夏用のセーラー服で外出するというのは、寒すぎてまず不可能です。とても耐えられません。
逆に真夏に冬用のセーラー服でも着て外出しようものなら、熱中症の危険があるくらいの汗をかきます。

 

女装して外出したら暑すぎてダウン、その格好のまま救急車で運ばれたとか、シャレになりません。

 

当然今の季節に合わせた衣装を選ぶ必要があるなるわけで、冬では冬用の衣装にコートを用意したりしないといけません。そう考えると、いろいろ制限があるものです。

 

さらに当然のことながら、雨が降れば傘を用意する必要がありますし、衣装がぬれたり汚れたりする可能性がありますので、注意しましょう。

 

深夜に外出する場合、夏ならまだ涼しくていいのですが、真冬だとすごい寒さになることが多いです。
夜中に外出するのは安全ですが、外出を楽しむどころか寒さに耐えるだけで精一杯で、楽しんでいる余裕などなかった、というようなことがあります。

 

春か秋がもっともいい季節ですが、本当に過ごしやすい温度になるのは一年の中でもかなり少ないので(4〜5月、10〜11月)、ぼーっとしていると最適な機会を逃しがちです。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ