さまざまなバリエーション

さまざまなバリエーション

バリエーションを増やす

一口にオナニーといっても、いろいろな方法があります。そしてこういった行為は、繰り返すことで「飽き」が生じます。
ベストな方法を一つ考えるよりも、自分に合ったいろいろな方法をたくさん習得し、飽きがきたら別の手法に代えることで快適な性生活が楽しめます。

 

以下、さまざまなパターンを出していきます。いろいろ試し、また自分でも新しくいろんな方法を考え出しましょう。

 

クリトリスオナニー

女性のクリトリスオナニーを真似して、もっと女性になりきってみましょう。自分のペニスがクリトリスになったと想像してください。実際男性のペニスは、生物学的には女性のクリトリスに相当するそうです。

 

現実の女性はオナニーするときはクリトリスでやる場合が多く、膣内に指を入れるというのは実はあまりないそうです。
理由としては、感覚としてはやはり男性のペニスに相当するクリトリスのほうが容易に快感を得られるということと、処女幕がある場合は膣内に指を入れられないこと、入れられたとしてもある程度セックス経験がないと膣内で快感を感じないことなどが挙げられるそうです。
男性の旋律線オナニーと同じく、膣内での快感はある程度の「慣れ」がないと感じにくいようです。

 

男性のペニスに相当する女性のクリトリスは、ペニスに比べてとても小さいので、つかんでこすったりピストン運動することができません。
クリトリスでオナニーすると気は、指の腹でクリトリスの突起を左右にこすったり、手のひら全体でクリトリスを押さえ、そのまま左右に手を振ることで快感を得ます。
いずれにしても前後運動が出来ないため、指などは左右に動かすことになります。

 

ペニスでこれと同じことをやってみます。愛液のかわりにローションをつけて、手のひらでバイバイするようにペニスを左右にこすってみます。
でもペニスはかなり大きいので、手のひらで押さえて左右に振るとペニスがぶらぶらして動きが安定しません。

 

このままでも気持ちいいならそのまま続けましょう。もし気持ちよくなければ、ショーツをはいたままその上からやってみましょう。
ショーツの上からだと見た目も女の子っぽいので、いかにもそれっぽくなります。実際、女性がショーツの上からクリトリスをもてあそぶときは、こんな風にショーツの上から手のひらをでクリトリスを右にこすったりします。

 

ショーツが汚れないよう、コンドームをしてもいいでしょう。コンドームとショーツの上からだとあまり快感がないと思われるかもしれませんが、意外とそうでもなく、むしろ動きが適度に制限されて安定するため、こちらのほうが気持ちいいくらいです。

 

女装して男的に擬似セックス

しっかり女装しますが、まるで男のようにオナニーします。たとえば枕と布団の間にオナホールをはさみ、自分は上からのしかかってペニスをホールに挿入、腰を振ります。動きや立場は開あまで自分が男性側です。

 

このようにすると、見た目は女性なのにペニスが生えており、いわゆる「ふたなり(ペニスのついている女性、ポルノコミックなどで架空のキャラクタとして使われる」の女性がふつうの女性を犯しているような感じになります。

 

女性なのにまるで発情した男性のように上からのしかかって腰を振るシーンは、通常とのギャップがあってなかなか面白いものです。

 

鏡の前でストリップショー

女装して鏡に首から下を映し、スカートをめくったり脚をなでまわしたりショーツをもてあそんだりします。
これを学生服を着てやりますと、まるで女子中学生や女子高生にいたずらしている、あるいは自分がされているような感じになります。

 

鏡に映して遊ぶときは、それが以下に女性、ある維持は少女っぽく見えるかが問題なので、たとえば腕や脚が太くて気になる場合、長袖のものにしたりスカートの永いものを選んだりして隠すと効果的です。

 

大きな鏡を使う場合、鏡の角度を調整できるようなものが望ましいです。鏡に謝って自分の顔が映ってしまうと気分がなえてしまいます。
本気オナニー前の前泡群として楽しめます。

 

枕に女装させる

ちょうど人間の胴体くらいの大きさの枕があれば、それに服を着せればかなり女の子っぽく見えます。
ショーツもちゃんとはかせ、その中にオナホールを入れて落ちないようにします。
挿入するときはショーツを全部脱がすとホールも落ちてしまうので、ショーツの左右どちらかからホールをはみ出させてペニスを挿入します。

 

自分も女装して擬似的なレズプレイを楽しむのもいいのですが、このやり方は自分が男性としても楽しめます。
枕に着せる服の種類によっては、まるで女子中学生や女子高生を犯しているような感じになります。

 

凝れば凝るほどリアリティが増します。人口バストも入れてブラジャーで固定しますと、上からのしかかったときに胸に当たる感覚がリアルです。
セーラー服の上からさんざんバストをもてあそんだ後、ホールに挿入して激しく中出し、なんてこともできます。

 

下着を使う

女装してショーツを脱いだら、それを丸めて自分の口に入れます。すると声を出せなくなります。
こうなるとまるでレイプされているような感じになります。そういうシチュエーションに興奮する人には効果的です。

 

あるいは女装したままショーツでペニスをこすり付けるとか、ショーツをかぶってペニスは手でこするとか、いろいろなパターンがあります。
いろいろ試して自分にとって気持ちい方法を選んでください。

 

枕に女装させている場合、服の上にショーツやコンドームを乗せたりすると、象徴的な意味でいやらしい見せ効果があったりします。

 

アダルト動画を見ながら女優になりきる

男性だと通常、エッチな動画を見ながらそこに出てくる女優さんとエッチしているのを想像するものですが、女装したら今度は自分がその女優さんになったところを想像してみましょう。
また今までとは違った感じが楽しめます。特に自分と同じ衣装、たとえばセーラー服で女装するなら、セーラー服ものの動画を見ながらするとさらに効果的です。

 

同じことはポルノ小説、漫画などでの可能です。

 

ペニスを見えなくするかどうか

自分の股間を生で見ているときでも、鏡に映しているときでも、ペニスが見えていると萎えてくることがあります。
個人差がありますが、女性になりきっているときに大きなペニスが見えていると、いかにも男といった感じで、見えないようにしたいときがあります。

 

ペニスを隠しながらやる方法として、スカートで隠して見えなくして中でいじるとか、大き目のオナホールにすっぽり入れてしまうと見えなくなります。
前かがみになった状態で、ペニスを太ももの間からお尻の側へ挟みこんで見えなくし、後ろからオナホールなどでピストンさせるような方法もあります。このやり方はちょうど前から見ると股間に縦筋ができ、女の子のような股間になりつつイくことができます。

 

下着を着けたままやる

女装する場合は、全裸になるよりもなるべく衣装を着けていたほうが興奮します。そもそも全裸だと男性になってしまうので面白くありません。
なので、射精する瞬間まで、できるだけ衣装を身に着けていたほうが、通常はいいでしょう。

 

ペニスをオナホールに入れるときは、ふつうはショーツを脱がないといけません。
でもショーツを脱いでしまうと面白くないので、ショーツの左右どちらかからペニスを出し(いわゆる「はみチン」状態にして)、そのままオナホールをかぶせて射精すると効果的です。
ただこのやり方はオナホールの入り口がショーツの端に接してしまうことが多く、ショーツの端が汚れやすいので注意してください。
またショーツをはいたままやるときは、肛門のところにティッシュをはさんでおくとショーツが汚れずにすみます。

 

ショーツを脱ぐときでも、ほんの少しだけ最低限下にずらしてホールを入れるといかにもエッチな感じになりますが、あまり脚を広げることができません。
ショーツを脱いだらどちらか片方の太ももに引っ掛けておくとエッチな感じになります。

 

徹底的にじらす

すぐに射精せず、とにかく長時間じらします。我慢します。
特に射精直前あたりは非常に気持ちがいいので、この時間を長く続けると非常に楽しいです。

 

ただしあまり我慢すると、中途半端に少量ずつ射精してしまうことがあります。これが起こると本番の射精であまり大量に出ず、気持ちよくないまま終わってしまうことがあります。
少しでも出そうだと感じたら、そのまま一気に大量放出してしまうといいと思います。

 

自分でビデオ撮影

これの技法についてはあとで詳しく述べていきますが、自分で女装ビデオを撮影し、それを見ながらやります。
これはどんなエッチ動画よりも効果的な場合があり、非常に興奮します。

 

そのビデオを見ながら「ここに出ているのは自分だ」という感じがあり、まるで自分が本当に犯されているような気持ちになります。
手っ取り早くやるならウェブカメラが安くて使いやすいです。
さらに凝った高度な動画を作りたいなら、通常の動画撮影と同じでかなり費用がかかってきます。

 

よく女装もののエッチな動画がインターネット上に投稿されていますが、一番楽しんでいるのは本人だと思います。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ