事前準備

事前準備

時間の確保

女性的な快感を求めると気はまず、可能ならある程度の時間の余裕を持ってやります。気持ちが焦っていると早く射精してしまおうとして、いつもの強くこするパターンになりがちです。

 

ペニスをごしごしこするやり方は、力の入れ方しだいでは短時間で終わらせることも出来ますが、体を触ったり想像の世界に浸ったりする女性的オナニーの場合、感覚と想像にハマりこむまでに少し時間がかかるようなのです。

 

なのでできれば1時間くらいは確保しておいたほうがいいんじゃないかと思います。寝る前なら就寝1時間前あたりから始めるといいでしょう。

 

安全の確保

女装オナニーというだけあって、行為の最中は絶対に誰かに見られてはいけません。しかしあまり行為に夢中になっていると、周囲の音に気づかず、ノックされていたのに気づかなかった、というような事態も考えられなくもありません。

 

可能であれば、部屋を静かな状態にします。音楽など鳴らしてうるさくしていると、部屋に誰かが近づいていても足音に気づかないことがあります。
エアコンや扇風機の音もけっこううるさいので、我慢できるなら切っておきましょう。

 

また自分で声を出したりすると、思いのほか別の部屋に届いていたりします。女の子のように声を出すと快感が増しますが、特に同居人がいるときには控えめに出しましょう。ハンカチなどで口を押さえておくのもありです。

 

万が一部屋に誰かが入ってきそうなときは、すぐさま布団にこもれるように準備しておきます。夏場で薄いタオルケット一枚で寝る習慣がついていると、中にこもっても体全体を隠しきれません。
布団かコタツなどの近くで行為に及ぶことで、誰かが入りそうになってきてもコタツにもぐりこみ、顔だけ外に出していれば何とかばれずにすみます。

 

立ってやるようなときは、長めのコートやジャケットなどを用意し、ドアを開けられてもすぐにコートで体を隠し、服ができるだけ見えないようにします。
椅子に座っていれば、コートを着ているだけで背もたれが邪魔でほとんど体が見えないようにすることも出来ます。あまり接近されるとばれてしまいますが、それでもいきなり全部見られるよりははるかにマシです。

 

万が一の事態を考え、油断せずにしっかり準備をしておきましょう。

 

照明

部屋の照明に関してですが、ふつうに明るめの室内照明を使うのがふつうです。

 

が、部屋を暗くし、勉強用の蛍光灯などを真横から当てると、脚の毛穴やけ自体が見えにくくなります。これは太陽光でも同じで、窓から日が差し込んでいるような状況では、横から脚に光が当たるようにするとつるつるの肌に見えたりします。

 

また部屋を薄暗くする方法もあります。脚の毛が伸びているときや体の凹凸が気になるときは、あえて部屋を暗くすることで欠点を隠せます。
特に鏡に顔を写してやる場合などは、部屋を暗くすると男性的な不自然さを消せることが多いです。

 

見え方は少しずつ異なるので、自分の好みや状況に合わせて工夫してみてください。

 

鏡を使う場合

鏡がある場合、それを見ながらやるのも効果的です。ただし顔が見えると萎えてしまうこともあるので、自分が最も興奮できるように、適宜調整しましょう。私はたいてい顔だけ見えないようにしています。

 

衣服の試着などに使える縦長の鏡で、かつ移動できるようなものがあればおすすめです。

 

画像:大型の鏡

 

私は仰向けに寝転がってやることが多いので、角度を調整して首から下だけ映るようにしています。

 

画像:首から下だけ映す。

 

また、特に鏡を使わなくても興奮できます。自分の脚を見ながらスカートをめくったり、ショーツをいじったり出来ます。
少し気をつけることとして、主に鏡を見ながらやるときは、脚に短い毛が生えていてもほとんど見えませんが、肉眼で直接見るときはやや気になります。

 

なので、肉眼で直接見るだけは毛を十分に剃っておいたほうがいいと思います。逆にちょっと毛が伸びて気になる時は、鏡に映してそちらメインでやるとあまり気になりません。

 

リラックス?

女性的オナニーを目指すときの話ですがが、リラックスすることが重要だとよくいわれます。
リラックスといっても全身脱力して眠くなってきているとか、そういう状態ではありません。そこまできているとそのまま寝てしまいます。

 

そうではなかくて、悩みとかストレスのない状態で、「なんとなくエッチな気分になってきた」とか「今日はゆっくりオナニーしようかな?」と気分が乗っている状態です。

 

そういう時はオナニーを始めて、体を触るととても気持ちよかったり、ペニスを触ってもすごく気持ちよくてすぐに出ちゃいそうになったりします。

 

反対に調子の悪いときというのは、エッチな気分になろうと思ってもなれず、ペニスをしごいてもさほど気持ちよくもなく、何とか射精できるかどうか、といったくらいです。
これはストレスがたまっていたり、疲労しているときによくあります。このときにオナニーしてもあまり気持ちよくならないので、素直に休んだほうがいいと思います。

 

休んでいる間には精液が体にたまっていくので(3日くらいで満タンになるようです)、休むことも無駄ではありません。
寝てから次の朝にやる手もあります。朝は体の感度は悪いのですが、朝立ちしていることが多いので、この場合パンツにこすれたりしてすでにペニスが気持ちよくなっていることがあります。
最初からエッチな気分になりつつあるので、これを利用してオナニーするのもいいでしょう。

 

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ