乳首の開発の問題

乳首の開発の問題

乳首の開発の問題

乳首を触って「感じる」ことを繰り返すと、その後はしばらくの間乳首の感度が敏感になり続けます。
といっても社会生活に影響を与えるほどではなく、服でこすれるとちょっと気持ちいいかな?と感じる程度です。
この状態は長く続くことはなく、1日程度で消失するようです。単にオナニー中に触っていただけなので、病的な危険性はまずありえないでしょう。

 

しかし乳首にあまり強い刺激を与えることは問題を起こすことがあるそうです。
たとえば本格的な乳首開発で、洗濯ばさみではさんだり、力いっぱい乳首をつまんでしばらくしてこする、というようなやり方があるそうです。

 

このような強い刺激を繰り返し与え続けると、男性なのに女性のように乳首が大きくなり、女性のように感度が増し、気持ちよさは上がるらしいのですが、ブラジャーをしないとまともに生活ができないというようなことになる可能性があるそうです。

 

体のどんな部分でも、あまり強い刺激を繰り返し与えるのは健康を害するようなので、乳首を触るときは優しく触り、少なくとも「痛い」と感じるほどには刺激しないほうがよさそうです。

 
全サイトマップ メルマガ登録