オナホールの手入れ

オナホールの手入れ

オナホールの洗浄と劣化の早さ

オナホールは使用するたびに洗浄しないといけません。洗浄せずに放置すると雑菌がどんどん繁殖し、においもひどくなり、病気の原因になります。
ふつうはホールの中に射精すると思いますが、そうすると中がかなり汚れてしまいます。できるだけ早めに洗浄したほうがいいです。
挿入前からコンドームをつけているなら内部はローションがついているだけでさほどたいした汚れではないので、少々放置しても菌の繁殖に関しては平気ですが、オナホールは長時間水分に浸しておくだけでも劣化していくようなので、あまり長く放置しないようにしましょう。

 

とりあえずコンドームなしで使う前提で話をしますが、長くてもその状態で2日以上放置しないようにしましょう。
汚れたままあまり長時間放置すると、汚れが取れにくくなるようです。洗ってもなかなかにおいが取れなかったりします。

 

水で洗浄

オナホールの洗浄は、まずは水で洗い流します。オナホールの素材は熱に弱いので、特に50度以上のお湯では洗わないようにしてください。溶けて変形します。
真冬であまり水が冷たくて苦痛な場合は、お風呂でまずお湯を洗面器に入れ、水を足してある程度ぬるいお湯にします。20度くらいなら安全でしょう。40度前後のまま洗うとオナホールが変形してしまうかもしれないので、必ず水を足してぬるくします。
またお風呂のお湯は汚れているので、湯船の湯で洗ったあとは最後にもう一度水道の水で洗うようにします。

 

洗浄の際、できればオナホールを裏返しにして洗うほうがいいです。そのままの形では汚れがとりきれないことが多いです。
ローションや、特に精液の汚れが全部取れたと感じるまで(触ってぬるぬるしなくなるまで)洗ってください。

 

ただしオナホールを裏返しにしているとオナホール自体にも負担がかかります。
これはオナホールそのものの耐久性にもよりますが、初めてオナホールを洗うときは慎重にやってください。
裏返した瞬間激しく裂けてしまい、それで使えなくなった、というようなことも少なくありません。その場合は裏返さずに洗いましょう。
頑丈なオナホールでも裏返している間は負担がかかっています。洗浄が終わったらすぐにもとの形に戻しましょう。

 

洗うときは特に専用の道具を使う必要もなく、指でこすって汚れを落としていけばいいでしょう。

 

洗ったあとはタオルなどでしっかり水分をふき取ります。裏返せるものは裏返し、念入りに水分をふき取ります。水分がたくさん残っていると早く劣化します。

 

タオルでふき取ったら次はオナホールを乾かします。
しかし放置しても肝心の穴の中は通気性が悪いためなかなか乾きません。裏返していれば早く乾きますが、負担が大きいのでそれで裂けるかもしれません。

 

それで少々面倒ですが、ドライヤーで乾かすといいと思います。裏返せるものは裏返し、2,3分程度ドライヤーで乾かし、終わったら戻します。
オナホールは熱に弱いので、冷風を当てて乾かします。夏場なら扇風機でもいいかもしれません。
熱風のほうが早く乾きますが、その場合オナホールの変形が心配なので、少し距離を置いてやるといいでしょう。ドライヤーの口をあまりオナホールに接近させると変形してしまいます。
エアコンの熱風に当てる手もあります。そのときももちろん、ある程度の距離を置いてオナホールが変形しないようにします。

 

オナホールが熱に弱いといっても、人間の体温程度なら平気なようにできているため、40度以下ならまったく平気だと思われます。
熱風を肌に当ててみて、熱いと感じない程度の距離なら平気でしょう。

 

さらに念入りに洗浄

以上で通常は十分だと思いますが、雑菌の繁殖を防ぐため、アルコール消毒しておく方法があります。
薬局で売られている「無水エタノール」を買ってきて、100円ショップの霧吹きボトルに入れます。面倒なら薬局の「消毒用アルコール」でもいいでしょう。成分はほとんど同じです。
これを特に汚れやすいところ(穴の内部など)に洗浄後さっと吹き付けておきましょう。
アルコールはすぐに蒸発してしまうので、ふき取ったり乾かしたりする必要はありません。

 

オナホールの説明書によれば、アルコールよりも「イソプロパノール」での消毒がいいそうです。
イソプロパノールは薬局で売られています。「イソプロピルアルコール」ともいいます。
ただしイソプロパノールはにおいがきつく、また工業用薬品のため、通常のアルコールよりも少々毒性が強いといわれています(毒といっても吸ったら死ぬとかそんな危険なものでは全然ありません)
効果は似たようなものなので、ふつうのアルコールでも十分だと思います。

 

より念入りな保存方法として、洗浄後にコーンスターチやベビーパウダーをまぶしておく、という方法があります。
これでさらに劣化を防ぐことができますが、次回使用時にそのまま使用すると、ローションを入れても粉でべとべとしてすべりが悪くなり、ローションの使用量が増え、快感も落ちます。
なので使うときは、一度水で粉を軽く洗い流してから使うといいでしょう。ただしこれは面倒なので、私は粉をつけて保存はしていません。
あまり長期間使わないとわかっているときにパウダーをつけておくといいと思います。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ