日焼けその他肌の健康について

日焼けその他肌の健康について

日焼けと肌

最後に肌の健康について。
これは女装とは関係なく、一般に言う肌の健康や手入れなどのお話ですが……日焼けすると肌が痛みます。

 

私はあまり外へ出ないほうなのですが、頻繁に外出したり、屋外で仕事をする機会が多い方は、可能であれば日焼け止めなどを塗っておいたほうがいいと思います。
日焼けは肌が黒くなるというだけでなく、肌そのものにダメージがありますので、シワやシミが増える原因になります。

 

紫外線の強さは暑さではなく、太陽の角度によりますので、理論上では夏至(6月23日)に最も強くなるのですが、この時期は梅雨なのであまり気になりません。なのでどちらかというと、晴れの日の多い5月、7月当たりに紫外線が強くなります。
この時期に外出するときは、少々熱いかもしれませんが、できるだけ長袖を着るとか帽子をかぶるとかしたほうがいいと思います。

 

また冬の時期、雪が降る地方ですと、晴れの日には紫外線が雪に反射して、意外にも真っ黒に日焼けすることがありますので油断は禁物です。
スキーやスノーボードが趣味の方は、反射光で日焼けすることが多いので注意しましょう。

 

食事と肌、睡眠と肌

肉ばかり食べていると皮膚が痛むそうで、野菜もたくさん食べましょう。あまり肉を食べないものいけないのですが。
また睡眠は肌の健康には不可欠なようで、睡眠不足が続くと肌が痛みます。
調べたところ、寝る時刻はあまり関係がないようで、寝る時間が一定以上必要なようです。

 

食事に睡眠、そして適度な運動と、つまりはふつうの健康管理がしっかりできていれば、肌もきれいに保たれるようです。

 

やせればいいというものではない

ダイエットについてはあまり知識はないのですが……やせればやせるほどきれいになれるというのは間違いだと思っています。

 

私は昔から胃が弱いので、太ったことがありません。たくさん食べようとすると、おなかを壊すので逆にさらにやせてしまいます。
しかし体が細いときれいに見えるかもしれませんが、やせて体の脂肪や筋肉が減ると、皮膚が全体的に収縮するため、シワが増えます。
聞いた話では、あまりやせた状態が長く続くと、顔にできたシワが取れなくなるそうです。
特に顔のシワが増えると老けて見えますので、体重が減ったときにはおなかを壊さない程度に食事を増やすようにしています。

 

平均的な体型で、何より健康を最重視するほうが、最終的にはきれいに見えるのではないかと思います。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ