価格による違い

価格による違い

さまざまな価格帯

フィリップス、パナソニック、ブラウンの各メーカーのシェーバーにはそれぞれグレードがあり、グレードの高いものほど当然価格が高くなっていきます。
安いほうでは3千円程度、高いほうでは4万円近くするものもあります。

 

グレードによる違いは、まずは刃の数でたいてい2,3枚刃くらいだと数千円程度ですが、5枚刃とかになると数万円します。
さらに専用の洗浄機・洗浄液が付属していたり、操作しやすい形状の工夫や上質のモーター、複雑な網目で剃り残しを防ぐなど、実にさまざまな機能が付属されています。

 

どれを選べばいいのでしょうか?

 

グレードごとの違いは?

さまざまなグレードがありますが、グレードごとの違いというのは具体的には何でしょうか。
「刃の数」に関しては、多いほどたくさんの回数、刃が当たるということなので、速くたくさん剃ることになります。
フィットするための形状の工夫は、剃り残しが出なくするためで、音波で振動させるなどは、これもやはり剃り残しをなくすため……

 

というふうに見ていきますと、上質のものほど「速く確実に、深く全部剃れる」といったところでしょうか。
しかしこういった性能は、剃るときに少し余計に時間をかければさほど変わらない機能なので、そこを我慢すれば出費は抑えられるのではないでしょうか。

 

安価なものでいいので刃を頻繁に代える

十分にお金がある人であれば、最上級のグレードのものを買い、説明書にしたがって刃を交換するといいと思います。たぶんそれが最も効率がいいです。
しかしながら、多くの人はそこまでする余裕はないのではないかと思います。3万近くのシェーバーを買い、定期的に洗浄液を交換し、1年たったら7千円もする刃を交換する……というのは、結構な負担です。

 

ましてや女装のためとなると、出費はシェーバーだけでなく、化粧道具や衣装、人によっては撮影器具なども必要になります。なのでできるだけ、無駄な出費は抑えたいところです。

 

それで私が提案するやり方は、シェーバー自体は安価なものでいいので、その代わり刃は頻繁に交換しようという方針です。
実は上質のグレードのものですと、交換するための刃も価格が上がってきます。たとえばブラウンの最高級グレードのシェーバーでは、私の行きつけの店ですと、刃を一通り交換するのに7500円かかります。結構な負担です。

 

上質のグレードのものを買っても、刃こぼれはほかのグレードと同じく起きます。
そしていくら上質といえど、刃こぼれした状態では、ほかのどんな機能をそろえてもカミソリ負けは起こりやすくなります。
カミソリ負けを防ぐには、まず第一に刃の切れ味が重要です。

 

安価なものでは刃が本体より高い?

現在私が使っているメインのシェーバーはパナソニックのツインエクスというシリーズで、シェーバー自体は3千円、刃の交換は4千円です。

 

画像:ツインエクス
ツインエクス

 

ですので実は、刃の交換時期がきたら、そのまま同種の新しいシェーバーに買い換えています。

 

amazonですと刃は2800円なので、本体よりも少しだけ安いのですが、このシリーズは電源コードがついておらず、充電して使うタイプです。
シェーバー本体も、長い間使っていると充電池の性能が落ち、充電してもすぐに電池がなくなりやすくなります。
電力が弱いとシェーバーの刃の速度も落ち、毛を切断しにくくなり、やはりカミソリ負けにつながります。なので本体ごと買い換えたほうがいいと思います。

 

刃はちゃんと交換しましょう!

シェーバー自体は安くてもいいので、時期がきたらしっかり刃を交換するようにしましょう。
「ちょっと剃りにくくなったかな?」と思ったら、説明書どおりの時期が来ていなくても、交換したほうがいいです。
刃を交換すると、特にひげを剃ったとき、はっきりと切れ味がよくなったことが実感できます。

 

もちろん普段から、刃を洗浄したり油を差して手入れすることも大事です。が、刃の寿命が来ると、洗っても油を差しても切れ味が悪いままです。

 

切れ味が悪くなったら、油やシェービングクリームで何とかしようとせず、さっぱり刃を交換してしまいましょう。

 
全サイトマップ メルマガ登録