水着・スクール水着

水着・スクール水着

スクール水着は見た目が難しい

スクール水着はかなり特殊な衣装の一つです。
構造は見たままで、水泳を前提に作られているので、伸縮には非常に強いです。

 

画像:スクール水着
スクール水着

 

体に非常に密着しているので、ボディラインがそのまま外に現れます。そのため、男性的な体の特徴もそのまま出てきます。着こなして見た目を女性的にするのは非常に難しいです。

 

特に女性の特徴である腰幅の太さとウエストの狭さ、また胸から上は乳房の有無と肩のあたりに筋肉の違いがあり、男性的特徴が次々と出てしまいます。
ウエストにテーピングを巻いて細く見せる方法もありますが、テーピングの形さえ水着に現れるので、不自然になってしまいます。

 

胸の詰め物をしているとリアルなふくらみが表現できますが、安物の形の悪いものだと、形の悪さが見た目に出てきます。5000円程度のリアルな詰め物を入れないと、胸のふくらみがリアルに再現されません。

 

股間の処理もかなりきつめにやらないと、不自然なふくらみができてしまいます。

 

上半身まで写すとわきも見えるので、毛の処理も必要です。しかしいっそのこと、胸から上は腕や肩の筋肉が目立つので、写さないようにしたほうがいいと思います。

 

このように、見た目に関しては多くの理由で困難が伴います。特殊な撮影、編集技術がないと、なかなかうまく見せることができないのが問題です。

 

スクール水着の密着感

見た目は難しいのですが、ほかの利点もあります。

 

スクール水着というのは、非常に体に密着する衣装です。そのため特に古着ですと、何か「以前使っていた女子生徒との密着間」みたいなものが感じられます。
実際着てみるとわかりますが、その触感的ないやらしさはすごいもので、まるで以前着ていた女生徒と肌を重ね合わせているような感じになります。

 

特に股間はショーツを介しておらず、生の肌が直接、しかもかなり締め付けられる構造になっているため、当時は間違いなく食い込んでいたでしょう。
前だけでなくお尻にもグッと食い込む構造になっており、その股間部分に自分の股間をこすり、食い込ませる間隔は強烈です。
見た目よりも触感を楽しむほうがいいと思います。実際やっていることは、きつめの水着を着けているだけですが、想像で補い、楽しむことができます。
「女子生徒の完全な裸と密着していた」という一体感を想像して楽しむといいでしょう。

 

伸縮力があるので、サイズを多少間違えても着ることができます。
古着屋での価格は安く、たいてい5000円以内で購入できます。

 

ビキニ水着

スクール水着ではなく通常のビキニもありますが、面積はスクール水着よりも少ないため「触感的な一体感」は乏しいです。

 

また詰め物を入れても肌との境目が丸見えなので、使えません。
ほとんど裸体のため、男性的特徴を隠すこともできません。見た目も期待できず、触感を楽しむのもいまいちで、正直あまりいいところがありません。

 

こちらも想像力を働かせて、着ていた女性のことを考えながら楽しむのがいいでしょう。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ