制服・ブレザー

制服・ブレザー

バリエーションが豊富

ブレザーとはジャケットのことで、通常はブラウス(あるいはやいワイシャツ)の上にジャケットを着ます。
慣習上、セーラー服のように厳密に上着とスカートの組み合わせが決まっているというようなことはなく、さまざまな組み合わせをしても、多くの場合不自然には見えません。

 

画像:ブレザー制服
ブレザー制服

 

特にスカートはバリエーションが豊富で、無地のものからチェックが入っているもの、色もさまざまで、しかもたいていのジャケットと自然につりあいます。
セーラー服のように上下セットで買う必要はなく、上着とスカートそれぞれ追加で購入して、さまざまにバリエーションを増やして楽しめます。

 

上着

ジャケットの上着はふつうの上着です。下にブラウスやワイシャツを着て、夏の間はジャケットを着ません。
ジャケットは着るときに特に気をつけるようなこともないのですが、割と生地が厚いので、あまりたくさん購入するとかさばって保存が困難になります。

 

ブラウスの上にリボンやネクタイをつけることが多いです。好みに応じて選びましょう。
ブラウスやワイシャツ、あるいはネクタイは、ブレザー制服用のものがあります。面倒だからといって男性用スーツのワイシャツやネクタイで代用すると、形が硬すぎて合いません。横着は禁物です。

 

ブラウスは必ずしも白ではなく、薄い青やピンクのこともあります。また半袖のこともあります。

 

スカート

ブレザーのスカートはさまざまなバリエーションがあり、多くのもので自然に上着と合わせられます。
セーラー服のスカートをそのまま使うこともできるし、チェックの模様の入ったものから私服用のスカートでもあわせられることがあります。

 

スカート丈もいろいろ合わせられ、短くても長くても不自然には見えません。いろいろ試してみて、好きなものをはきましょう。

 

季節ごとの違い

冬の間はジャケットを着ますが、夏になるとジャケットを脱ぐだけ、またはジャケットを脱いでブラウスの上にベストを着たりします。

 

セーラー服のように、上着ごと替えなくてもいいので手間がかかりません。
寒いときに運動などしていて暑くなったとき、セーラー服だと我慢するしかないのですが、ブレザーだとジャケットを脱げばいいので、暑さの調整がしやすいです。

 

価格

価格は割とばらつきがあります。特に有名なブランドのものだと、10万近くするものもあります。
しかし通常のものでは、セーラー服と同じくらいで7000〜2万円程度のものが多いです。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ