制服・セーラー服

制服・セーラー服

セーラー服のバリエーション

画像:セーラー服(冬)
セーラー服(冬)

 

画像:セーラー服(夏)
セーラー服(夏)

 

セーラー服は一定の決まった形を持っています。上下でセットと考えてよく、色や柄の異なる上着とスカートを合わせることはできません。
たとえばセーラー服の上着に、ブレザーでよくあるチェックのスカートを合わせることはできません(無理やり履くことはできますが、見た感じ上下で合わないと感じられます)
セーラー服の基本色はほとんどが紺色か黒で、上着とスカートは同じ色にあわせる必要があります。

 

ブレザーの制服ですと、上はブラウスの上にジャケットを着て、スカートは濃紺の無地とか赤の筋が入ったチェックだとか、色もいろいろ合わせられます。
ところが上着がセーラー服だと、スカートは上着と同じ色の、しかもほとんど無地のプリーツスカート(細かいひだのついた学生用のスカート)でないと、組み合わせとしては不自然になってしまいます。

 

セーラー服は制服の中でも最も人気のある種類の一つですが、上着とスカートをさまざまない組み合わせてバリエーションを楽しむ、ということは、ブレザーに比べるとあまりできない傾向にあります。
逆にいうと、スカートは少ない種類で事足りるので、あまりコストがかからないということもできます。

 

上着

セーラー服の上着は、多くは似たような形をしています。
しかしよく見るといろいろと異なるところがあり、白線の数や太さ、白線の有無(襟、袖)・本数・太さ、線の色(白線、赤線)、セーラータイの有無、タイの代わりにリボンがあったり、タイヤリボンの色もいろいろです。

 

左わきの下にチャックがあり、胸当てにボタンがついています。チャックが中央にあるものもあります。これらをはずさないと頭が入らず、通常は着ることができません。

 

大き目のものを買ったときは平気ですが、サイズが小さすぎるものを買ってしまった場合、何とか着ることができてもわずかに動いただけでボタンが外れたり、無理な力がかかったりすると縫い目から裂けたりすることがあるので注意しましょう。

 

スカート

セーラー服のスカートはあまり選択肢がなく、スカート丈が短いか長いか、後はプリーツ(ひだ)の数くらいしかバリエーションがありません。

 

スカートは通常のスカートと同様、腰の左側にホックがあります。このホックは位置の調整が可能なので、ウエスト回りが少々合っていなくても、何とか履くことはできます。
ただしウエストがあまり太いと見た目が悪いので、気になる場合は腰にテーピングを巻きつけて締め付ける方法もあります。あまり締めすぎると健康に悪いので気をつけましょう。

 

スカート丈はいろいろあります。セーラー服に限らずどのスカートも同じですが、女性のウエストの位置は男性よりも少し高い位置にあります(4センチくらい)
なので、丈の長く見えるスカートでも、実際にはいてみると思ったより短いということがあります。
通販で購入すると、女性のモデルがはいていたときよりに比べてスカート丈が短いということがありえますので注意してください。
身長も女性の平均と男性の平均はかなり違いますので、身長の違いでスカート丈が思ったより短くなりがちです。

 

店頭で購入するときは、必ず鏡を見ながらスカート丈がどのくらいになるかチェックしておきましょう。

 

タイ

セーラータイあるいはセーラースカーフとも呼びます。これはちょっとつけるのが難しく、いい加減にするときれいに見えませんので、丁寧に結びましょう。
セーラータイは大きな二等辺三角形をしており、底辺から少しずつ折りこんでいき、中央あたりまで折ったら後方の襟の内側に入れ、胸の中央で結びます。結び方は丸結びでいいです。
後ろの襟から、タイの三角形が少し見えるくらいがいいです。襟にすっかり隠れてしまったり、襟から出すぎるとあまりきれいではありません。

 

タイの代わりにリボンのものもあります。こちらは後ろに回して留めるだけなので簡単です。

 

季節ごとの違い

セーラー服は夏用と冬用があり、冬用は濃紺または黒、夏用では通常は白色で、半袖または長袖です。
冬用はもちろん生地が厚く、夏用は生地が薄いです。

 

セーラー服の下はブラジャーだけつけるのがふつうですが、実際はTシャツやタンクトップをつけていたりすることもあります。昔はブラウスを着ていたこともあります。
それでも通常はブラジャーしかつけていないため、冬用は生地が厚いですが、真冬でこれだけでは非常に寒いです。
真冬に外出したり、エアコンをつけられないようなときは、コートが必要なこともあります。無理して風邪をひかないようにしましょう。

 

冬服はけっこうぴったりしていますが、夏服は大きさにかなり余裕があり、ぶかぶかしていて風通しがいいです。そのため涼しいのですが、おなかの辺りが太く見えがちです。
そのため夏服は、スカートのウエストが太いと全体的に太って見えてしまうので、ウエストを締めて見せないと着こなすのが少々難しいです。注意しましょう。

 

価格

価格は標準的で、コスプレショップでも古着屋でも、通常は5000から高くても2万円程度までです。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ