ファンデーションの塗り方

ファンデーションの塗り方

ファンデーションの塗り方

さらに細かくファンデーションの類の塗り方を見ていきましょう。
これはファンデーションだけでなく、コンシーラやBBクリームにも同じことがいえます。

 

まず、毛穴が大きいところは特にファンデーションを濃い目に塗ったほうが効果があります。顔面で毛穴の大きい場所は、頬骨の出っ張りと鼻の頭です。この2箇所はファンデーションなどを濃いめに塗ります。

 

そしてそれ以外のところは、薄めに塗ります。一応、顔面の中でまったく塗らないところがないようにします。
なぜかというと、何も塗らないところとファンデーションを塗ったところでは、色が同じでも見た目がかなり異なるものです。

 

塗ったところと塗っていないところがあると不自然に見えるので、一応のところ、顔面のすべての面に、少しだけでいいので塗っておこうというわけです。
ただしまんべんなく濃く塗ることは避けてください。気持ち悪くなります。

 

やり方としては、頬骨と鼻の頭に多めに塗り、そこから指で伸ばすようにし、少しずつ薄くなっていくような感じです。
おでこにも少し塗っておき、そこから指で広げていきます。

 

化粧落としでシワの周辺を落とす

ファンデーションを塗り終わったら、顔の中で目立つシワ、たとえば豊麗線(ほうれい線、両鼻の下から口の横あたりに伸びるしわ)や、目の下にできたりする目立ったシワの上に塗られているファンデーションを、化粧落としで落とします。

 

なぜかといいますと、深いシワに関してはファンデーションを塗ったほうがシワが深く見え、目立つからです。
理由ははっきりしていませんが、やってみるとわかります。

 

なのでファンデーションを塗り終わった後、必ずシワの周りのファンデーションを取り除いてください(ただしヒゲがある場合は落とさないほうがいいかもしれません)

 

初めて化粧をやると、塗れば塗るほどきれいになりそうな気がしますが、意外にもそうではないので注意しましょう。
女性でも塗りすぎてシワを目立たせている人がいます。しかし本当に化粧の上手な女性は、部分によって化粧の濃さを変えています。

 

画像:化粧の濃さのイラスト。頬と鼻とおでこが濃い、後は薄い。ほうれい線の化粧を消す。

 

 

これ以外のファンデーション系の化粧品

フィニッシュパウダーやツーウェイケーキというのがあり、ほかにもいろいろファンデーションと同じ効果があるものがあります。
取り扱いについては説明書などを参考にしてください。ここではあまり触れませんが、たとえばフィニッシュパウダーは文字通り最後につけるもので、ファンデーションを塗った後にさらにつけます。
ひげの部分は通常のファンデーションだけでは隠し切れないこともあり、さらに上からフィニッシュパウダーを塗ると隠せることもあります。

 

画像:フィニッシュパウダー
フィニッシュパウダー

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ