最低限の化粧の手順

最低限の化粧の手順

ひげそり

まず化粧に入る前に、ひげを十分剃っておきます。ひげのそり方については「体毛を剃る」の章を参考にしてください。
きれいに見せるためにはできるだけ深く剃ったほうがいいです。しかしあまり深く剃りすぎるとカミソリ負けして肌が痛みます。
シェービングクリームを使い、肌をいためない程度に、できるだけ短く剃ってください。

 

洗顔

洗顔をします。顔を少しぬらし、洗顔クリームを少しだし、少量の水と混ぜてこすります。
泡が立ったら顔全体に塗ります。ごしごしこする必要はなく、まんべんなく塗るだけでいいです。それで十分効果があります。

 

その後水で洗い落とします。このとき十分すすいで、洗顔剤が顔に残らないように注意してください。
顔に残っていると肌の健康上よくありません。

 

化粧下地

次に化粧下地または化粧水を塗ります。これも顔全体に塗ります。
一度洗顔した場所は油が取れてカラカラになっていますので、化粧しない部分でも洗顔剤で洗ったところには化粧水を塗っておいてください。
カラカラのまま放置すると、肌が痛みます。

 

化粧下地を塗ったら、この上にファンデーションなどを塗っていきます。別に何も塗らなくてもかまいません。化粧水は保湿効果があるので、それだけでも肌の健康にはいいです。

 

ヒゲ処理

いよいよヒゲ処理に入ります。下地を塗ったら後は肌色を塗っていくだけです。
この時点で標準的な手順では、BBクリーム→コンシーラ→ファンデーションの順に塗っていきます。

 

ひげの部分は特になかなかひげの色が抜けきらないので、それぞれかなり濃いめに塗ってください。BBクリーム、コンシーラ、ファンデーションともに、ひげの部分だけは厚化粧の要領で塗りつけていきます。

 

ひげに塗る場合、パフがあればそれで塗るとやりやすいです。指で塗る方法もありますが、これは微調整に適しているので、まずはパフで一気に塗ったほうが楽です。

 

画像:パフ
パフ

 

BBクリームはパフでは塗れず、コンシーラもパフの使えないものもあります。これは指で塗っていくことになりますが、指で塗ると塗ったところと塗っていないところの境目がくっきりできてしまい、不自然に見えることがあります。
このあたりは指で境目をぼかすようにし、できるだけ見た目が自然になるようにします。
BBクリームは塗ってから少し時間がたつと、クリームが肌に吸収されてくっきりした境目が目立たなくなります。あまり神経質になる必要はありません。

 

ひげは意外な部分に生えていることがあります。特にほっぺたの辺りや、耳の近くやこめかみに生えていることもあります。
ひげの薄いところはあまりたくさん塗る必要はありません。徹底的にやる場所は、最も濃い口の上とあごのひげです。ほかにも濃いところがあれば、その濃さに比例した量を塗ります。

 

ヒゲ以外の肌の処理

おそらく、ひげだけにファンデーションを塗ったのでは、ほかの部分とかなり色が違っていて不自然になっていることでしょう。
なので、顔のヒゲ以外の場所にもファンデーションを塗っていきます。

 

ただしこれらは薄めに塗っていきましょう。まんべんなく厚く塗ると、厚化粧になってしまいます。
これで一通りは完成です。

 

化粧落とし

化粧が終わったら化粧落としで落とします。
化粧が完全に落ちるまでやってください。

 

なかなか落ちないようなら、もう一度洗顔します。

 

そして、化粧落としで落としても洗顔で落としても、その後は顔がカラカラに乾いています。
なのでその後、化粧水を塗っておき、保湿しておきましょう。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ