化粧品の購入

化粧品の購入

どこで買うか

では上記で説明した最低限必要な化粧品を購入しにいきましょう。たいてい薬局に売っています。
恥ずかしいので通販で買いたいところですが、ファンデーションなどは数種類の色があります。
これは個人によって肌の色に差があり、最もなじむ色が個人で異なるからです。

 

もし自分の顔の肌色と遠い色を購入してしまうと、化粧したときにそこだけ日焼けして見えたり、不自然に白くて不気味だということになりかねません。

 

なのでできれば店頭で購入しましょう。店頭ではたいてい試用品というのが用意されており、少しだけ自分の肌につけてなじむかどうか試してみることができます。
これで試してみて、最適な色を選びましょう。

 

化粧水や洗顔フォームは、肌に優しそうなものを買いましょう。
化粧落としも忘れずに買いましょう。これがないと化粧の後、化粧を落とすことができなくなります。

 

最初は100円ショップで

化粧したことのない人は金銭的リスクを控えるため、最初は100円ショップで売っているファンデーションや化粧下地を買ってみて、試してみることをおすすめします。
とりあえずやってみて、要領をつかんでください。

 

画像:100円ショップの化粧下地
100円ショップの化粧下地

 

画像:100円ショップのファンデーション
100円ショップのファンデーション

 

実際に撮影したり人前に出るときは、100円ショップの製品では物足りないことが多いです。
100円ショップのものは、たとえば化粧下地は化粧をはがれにくくする効果がそれほどありませんし、ファンデーションは時間がたつとかなりはがれてきます。
ですが練習するには十分です。重要な場面に出るときに本格的な製品を買っていけばいいと思います。

 

最初から高価な商品を買い、合わなかったから使えないということでは、痛い出費になってしまいます。

 

本格的な製品とは、1000円以上のものです。薬局などでふつうに売っているものはそれくらいします。
化粧品の中には5000円とか、下手すると1万円以上のものもあるようですが、通常はそこまでする必要はないでしょう。

 

通販

TLショップという、女装専門の通販サイトがあります。

 

TLショップ

 

薬局の化粧品は大量にあってややこしく、何がなんだかわからなくなることがあります。
ここはもっとわかりやすく、化粧初心者のための説明もしてあるので、あまり迷わなくてすみます。

 

ただし100円ショップのような安物は売っていませんので、やはり100円ショップの化粧品である程度ならしてからここで購入したほうがいいと思います。
商品の梱包も、家族などにわからないように表記してくれます。

 

何を買うか

もう一度最低限必要な化粧道具をいいますと、洗顔フォーム、化粧下地(化粧水)、ファンデーション、化粧落としの4つです。
とりあえずこの4つがあれば、そこそこできます。コンシーラやBBクリームは、さらに肌に肌色を塗るための道具なので、必ず必要なものでもありません。
しかし洗顔剤、化粧水、化粧落としだけは必ず必要で、特に化粧落としがないと後で化粧が落とせずに困るので絶対に忘れず購入してください。

 
全サイトマップ メルマガ登録