化粧する前にすること

化粧する前にすること

塗る前の準備

先にBBクリーム、コンシーラ、ファンデーションの順番に塗るのだといいましたが、いきなり肌につけないほうがいいです。
それでも効果はあるのですが、ふつうはその前に洗顔し、化粧水をつけておきます。

 

なぜそんなことをするかといいますと、何もしていない状態だと肌に細かい誇りや汚れがついており、これらのせいでファンデーションなどをつけても、時間がたつと取れてしまうことがあるからです。

 

時間がたたなくても、塗った時点でなかなか肌に吸い付かず、なぜかムラができたり、特定の部分になかなか色がつかなかったりします。

 

なので最初にまず洗顔を行い、その上に化粧水または化粧下地と呼ばれるものを塗ります。
これらを行うことで、ファンデーションなどが肌にしっかり吸い付き、はがれにくくなります。

 

洗顔フォーム

洗顔フォームや洗顔クリームというのがあり、効果はだいたい同じです。
これらは特に何でもいいと思います。肌が荒れないようなものを選んでください。

 

画像:洗顔フォーム
洗顔フォーム

 

化粧下地または化粧水

 

化粧下地という商品が売られています。これも特にこだわる必要はないでしょう。
これの代わりに化粧水でもいいです。私は豆乳イソフラボン化粧水というのを使っています。
これも肌が荒れたりしなければ、どれでもいいでしょう。

 

肌が荒れなくても、肌がかゆくなったりヒリヒリ感じるようなものはやめましょう。
それらはたとえ評判がいいものだったとしても、たまたまその人の肌には合わない、というようなものがあります。ほかのもっと肌に優しいものに代えましょう。

 

画像:化粧水
化粧水

 

化粧の後にすること

「化粧落とし」というのがあり、これも化粧品と同じところに売られています。
洗顔フォームのようなクリームだったり、ウェットティッシュのようなものもあります。いずれにしても、それを使って化粧を落とします。

 

画像:化粧落とし
化粧落とし
化粧落とし

 

化粧は油なので、水で顔を洗っただけでは落ちません。通常の石鹸でも落ちにくかったり肌が荒れる可能性がありますので、必ず化粧落として落としてください。

 
全サイトマップ メルマガ登録