男女の違い・顔

男女の違い・顔

顔を見せるのが難しい理由

男女で顔の違いというのはさまざまにあるのですが、それ以前にもともと人間が人間の顔を見分ける能力は非常に鋭いです。
たとえばよく知っている人の手や足だけを見てもそれが誰なのかはわかりませんが、顔を見れば誰なのかすぐにわかります。
つまりわれわれ人間は、顔に関しては体のほかの部分よりわずかな差を見分けられるようにできています。

 

(人間がチンパンジーの顔を見ても誰が誰だか区別はつきませんし、専門的知識がない限りオスかメスかもわかりません。われわれはほかの生き物の表情を読み取る必要はあまりありませんが、生物的に人間は社会的な動物なので、同じ類であるヒトどうしでは相手の表情を細かく見分ける必要があったため、このような能力が発展したと思われます)

 

そのため自分の顔にわずかでも男性的特徴があると、それがきっかけでいかにも女性的に見えないということになってしまいます。
したがって顔を女性のように見せることは非常に難しく、苦労の割には成果が出ないこともよくあります。
無難にいくなら写真撮影などでは顔を見せないほうがいいでしょう。

 

顔を公開するリスク

もしインターネット上であなたの女装した写真を公開するときに顔が見えていると、顔から個人が特定され、あなたに女装趣味があることが周囲にばれてしまう可能性があります。
このサイトではそのようなことは絶対にあってはならないという前提でやっておりますので、インターネット上のどこでも、動画投稿サイトを含め、顔を公開しない方針で説明します。

 

顔まで映す必要がある場合というのは2つあり、一つは自分で撮影した動画や写真を自分で見て楽しむときと、鏡を見ながら楽しむときです。
インターネット上で公開する場合は、女装した顔がよほど元の顔とかけ離れていて、他人が見ても絶対に元の顔が特定されないという自信がある場合のみやりましょう。

 

鏡を見てもあまり興奮しない?

鏡を見ながらいろいろ気持ちいいことを楽しむ場合にでも、顔を見ながらやるというのは、正直あまりおすすめしないやり方です。
まず第一に、かなり頑張っても女性のような顔にはならず、自分で見ていてもあまり興奮できない可能性が高いことが挙げられます。
私自身が実際そうなのですが、しかし中にはもともと顔が女性的で、自分で見ても興奮できる方もいらっしゃるかもしれません。でも世の中の大半の男性はそのようなことはありませんので、男性的な顔の人でも楽しめるようにしたいというのが一つ。

 

もう一つの理由として、女性的な性的興奮を求める場合、私の経験では視覚的な部分は快感にあまり作用しないと思われる、という点があります。
「見る」事に重点を置くより、体の感覚(触覚)や想像力に重点を置いたほうが感じることができるように思います。
このサイトで目指す目標の一つに、女性的な快感を得たいというものがあります。女装した自分に、単に男性目線で興奮するだけでなく、自分自身が女性になりきることでさらに新鮮な快感を求めたいという目的があります。

 

実際に私も鏡を見ながらやってみたのですが、正直あまり気持ちいいものではありませんでした。それより、気分が乗った時に首から下だけ見ながら、あるいは鏡も何も見ずに想像だけでやったほうが興奮しました。

 

なのでこれから長々と顔について説明していきますが、苦労の割にはあまり成果が出ないかもしれません。
ただ、顔が化粧などである程度きれいに収まると、自己満足できる感はあります。
顔を隠しながら行為に及んでいても、その間「顔まで写したら気持ち悪いんだろうな」と思いながらやると、快感に集中できないかもしれません。

 

もしいくらがんばってもきれいな顔に見えないのであれば、いっそ首から下のみに集中し、想像力を膨らませて行為に及ぶといい結果が得られるのではないかと思います。

 

画像:鏡に映した女装、顔は無し

 

主に鼻から下

男性と女性の顔を、専門の画像編集ソフトで重ね合わせて比較してみると、意外にも鼻から上はあまり相違点がないことに気づきます。

 

女装というと目や眉毛の化粧に力をいれる人が多いのですが、これは不美人が美人になるような顔の変化を起こさせるもので、男性的特徴を消し去るような効果はあまりありません。

 

ウィッグ(かつら)をかぶるだけで女性のように見える男性もいますが、多くの場合そのようなことは起こりません。
もしウィッグをかぶっただけでは女性の顔とは程遠いように見えたら、本来はまず鼻から下の変化に徹底的に力を入れ、男性的特徴を消すことに注力すべきです。
その後、鼻から上の部分も変化させていきます。

 

しかし残念ながら、後述する理由によりそれも簡単ではありません。
顔を写すのは、ほかの体のあらゆる部分を写すよりもずっと難しいので、ビデオや写真撮影が目的なら、最初は顔を写さないことをおすすめしたいです。おすすめしたいのですが、顔こそ一番女性的に見せたい部分だという人も少なからずおられると思いますので、可能な限りの方法を提案していきます。

 

顔の男性的な特徴

顔の中の男性的特徴を示す部分はたくさんあります。

 

まずはヒゲです。しかしこれは化粧とひげそりでほぼ完全に隠し切れます。ここは非常に男性的な面でありますが、化粧で完全にカバーできるため、抜かりなくやりましょう。

 

次に骨格。特に男性は顎が発達しています。唇からあごまでの距離が長く、女性よりも凹凸が激しいです。このあたりはどうにもなりません。しいていうなら、撮影時はできるだけあごを引いたほうが小さく見えるため、きれいにみえます。
カメラを顔よりも高い位置に置くと、顔を撮影してもあごが引っ込んで映るため、あまり目立ちません。
そして輪郭や骨格など、化粧でもどうにもならない部分は、意外にも光の当て方によってかなりきれいに見えたりもします。

 

男性の場合、頬骨の下あたりがぐっとへこんでいます。女性はこのへんでもある程度脂肪がついており、輪郭が柔らかいです。
額や鼻も少しずつ違いますが、さほど特徴的でない上、ウィッグで隠せますので、それほど気にすることはありません。

 

それで結局、最大の障壁は「あごの輪郭」と「頬のあたりの骨格」だと思います。

 

画像:男性的特徴を示すイラスト。ヒゲ、あご、頬

 

隠す

男性と女性の顔の違いで、骨格、筋肉、脂肪の形状や量により、どうにもならない部分が多数あります。
化粧で影の見え方など調整する方法が女性誌で紹介されたりしていますが、効果は微々たる物で、見た目はほとんど変化がありません。

 

そもそも化粧は皮膚の表面の見え方を変化させるくらいで、基本的な形状(骨格や皮膚)まで変化させたりはしません。
そこで、衣服で肌を隠して男性的特徴を隠したのと同じことをやります。つまり「隠す」のです。

 
全サイトマップ メルマガ登録