裁縫の基礎

裁縫の基礎

裁縫の必要性

衣装を買う前に、最低限必要な裁縫の基礎について触れておきましょう。

 

なぜかといいますと、新品の衣装ではあまりありませんが、古着屋で購入するものはある程度使い古したものなので、使っているうちにボタンやホックが取れてしまう、ということが少なくありません。
男性と女性では体型が異なるため、部分的に無理な力が加わり、ボタンやホックが外れてしまうことがよくあります。

 

特に多いのはスカートを留めるためのホックです。男性のほうがウエストが太いため、力がかかってホックが外れることがよくあります。
スカートをきつく締めることでウエストを細くし、見た目をより女性らしくすることができます。しかしその分ホックに力がかかるので、ホックが取れやすくなります。
なのでぜひとも簡単な裁縫のやり方は覚えておいてください。

 

裁縫といっても難しくはありません。要は、取れてしまったホックやボタン、破れてしまった部分をつくろう最低限の知識です。
手芸が趣味の人とかは非常にたくさんのことを知っていますが、そこまでやりこむ必要はありません。

 

さらに古着屋などでは、ボタンやホックが外れているものもあります。
こういった商品は「難あり」と表示されて格安の価格で売られている場合が多いのですが、わざと難あり商品を購入し、後で自力でボタンやホックを購入して縫いつけることで非常に安く済ませることができてお得です。

 

裁縫道具

まず裁縫道具がどんなものか見ていきましょう。

 

画像:小さな裁縫道具箱

 

これがおよそ、最低限必要な裁縫道具です。本格的なものではなく、100円ショップに売っているようなものです。
この中でも使用する道具は限られており、ほとんどは針と糸だけあればすみます。針通しもあると便利です。

 

画像:針通し

 

では実際に、外れたスカートのホックを直してみましょう。糸の色はもちろん、スカートと同じ色がいいです。制服なら黒色の糸でだいたいいけます。

 

まず、針に糸を通します。そのまま針の穴に通してもいいですが、針通しがあると便利です。

 

画像:針通しで針の穴に糸を通す画像

 

次に、針に通したのとは逆のほうの糸の先端部分を少し結んで膨らませます。こうすることで縫い付けたあと、糸を引っ張っても抜けなくなります。
人差し指に糸を一回巻きつけ、親指で少し転がしてから糸を引っ張ってきゅっと結ぶとこのような形になります。
よくわからなければ、糸の先っぽを2,3回丸結びすればいいです。要は縫い付けたあと、引っ張っても糸が抜けないようにすればいいのです。

 

画像:糸の先端を丸結びしたもの
動画:糸を丸結びする動画

 

これをやっておかないと、縫ったあとに糸を引っ張ると、糸が抜けてしまってホックも外れてしまいます。

 

画像:生地に糸を1回通してみたもの

 

これができたら次はホックと生地を縫い付けていきます。

 

糸はできるだけ目立たないようにします。先ほど丸結びした部分は、できれば裏地に見えるようにしましょう。
ホックは糸を通すための穴が用意されています。ホックが外れた部分の穴に通してグルグル巻きつけていきます。

 

動画:糸で縫っていく動画

 

終わったら最後の部分、やはり糸を丸結びにして自然に糸が抜けないようにします。通常、針を糸の付け根の部分に載せ、クルクルと2,3回糸を針に巻き、そのまま針を引き抜くと丸結びした状態になります。
よくわからなければ、意図の先端をふつうに丸結びしてもかまいません。要は引っ張っても糸が抜けないようにすればいいのです。

 

動画:最後の処理

 

これでおよそ、外れたホックやボタンの処理はできるようになります。

 

外れたホックやボタンが飛んでしまい、なくしてしまった場合、手芸屋さんや百貨店の手芸店、小物店などで裁縫道具が売られています。
ホックやボタンくらいなら似たような形のものが購入できます。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ