何を買うか

何を買うか

好きな衣装を買う

さて買う店を決めたらあとは何を買うかですが、好きなものを買いましょう。やはり着たい衣装を買わないと意味がありません。
とにかく制服が好きな人(私のような)、普段着がいい人、フリフリのかわいらしい衣装など、人によって好みはさまざまです。

 

女装するときの面白い点の一つとして、女性用の衣服を着始めると、女性がなぜあんなにショッピングに夢中になるかわかってきたりします。
女装がきっかけで、女性的なおしゃれに目覚めるんですね。男性のときよりもはるかにバリエーションが多いので、またそれ自体が性欲の対象にもなっているので、慣れてくると次々と購入したくなります。あまりお金を使いすぎないように注意しましょう。

 

男性的な欠点を隠す衣装

さて、いざお気に入りの衣装を買ってみたものの、どうも見栄えがよくならない、ということがあります。
たとえばレオタードや水着、あるいは下着だけ身に着けてみたはいいが、鏡で映してみるとなんだか気持ち悪い、という場合です。

 

これらのような露出の多い衣装ですと、どうしても男性的な体の特徴が強調されてしまいます。胸には筋肉がついているし、腕はゴツいし、色気どころかたくましさが現れてしまいます。

 

男性的な特徴が特に現れやすいのは上半身、特に胸から上で、胸の筋肉や腕、肩の筋肉がどうしても女性よりもゴツいため、違和感が出てくるのです。
やせていてもともと女性のようにしなやかな体型の男性でさえ、胸や腕辺りで男性的な特徴が出てしまうことが多いです。むしろ下半身のほうが、女性的に見えたりします。

 

こういった事態を防ごうと思ったら、できるだけ露出の少ない衣装を選ぶといいでしょう。見た目だけ考えれば、肌の露出していないところはゴツくても見栄えは変わりません。
たとえばキャミソールのような衣装は避け、ブラウスやジャケットなど、肩から胸の辺りを隠せる衣装にすると、自然に女性らしく見えることが多いです。

 

体のどの部分に男性的な特徴が現れるかは個人差があります。胸から上の人もいれば、自転車で鍛えている人などは脚がゴツかったりします。
やせている人でも、腕の辺りに筋がたくさん見え、たくましい印象になったりします。
自分の体の特徴をある程度把握しておき、男性的な特徴を隠せるような衣装にすれば、自然に女性らしくみせられます。

 

無難な衣装として、上着は長袖のジャケットで、スカートは丈が長めのものにしておくとか、長めの靴下を履くなどの方法があります。

 

とはいっても、最終的に大事なのはやはり「その衣装が好きかどうか」という点で、たとえば自分でビデオ撮影などする場合、好きな衣装だと気分が高まって、よい撮影ができたりします。

 

好きな衣装を買って、けどどうしても男性的特徴が気になるという場合、気になる部分だけ撮影の枠からはずしたり、鏡に映らないようにしたりもできます。
たとえばよくあるパターンに、キャミソールのような露出の高い衣装で、胸から上がゴツくて見るのがいやだという場合、胸から下だけ撮影するようにし、胸から上はできるだけカメラに映らないようにします。

 

ウエストの矯正

ちょっとした技ですが、ウエストがきつくてスカートなどが入らない場合や、衣服の形的にウエストがしまっていないと格好悪いような衣装では、テーピングをウエスト部分に巻き、締めて細く見せるというテクニックがあります。
男性は女性よりもウエストが太いので、特にワンピースのような衣装では、この方法を使うとウエストのラインがきれいに見えます。
ただしあまりきつく締めすぎるとしんどいので、適当な強さにしておきましょう。

 
全サイトマップ メルマガ登録