身長と体重

身長と体重

身長

成人の平均的な身長は、男性は約170センチ、女性は約160センチ程度で、10センチ程度の差があります。
女装するならもちろん女性の体型に近いほどそれらしく見えます。つまり、細くて小さいほうがそれらしく見えます。

 

しかし身長は変えようと思って変えられるものではありませんので、無理に縮めるとか考えても意味がありません。

 

ところで身長というのは、比較対象がないと見た目ではなかなかわかりにくいものです。誰かと並んでいればどれくらいの身長かわかりますが、一人で立っていたりするとどれくらいの身長かはあまりわかりません。

 

なので身長が高くても、プロポーション、つまり体型がきれいだとかなり女性っぽく見えます。
まずは体型をきれいにすることを考えましょう。

 

体重

体重はある程度、調整することができます。
ただしこのウェブサイトでは健康を第一に考えていますので、筋肉を減らそうだとか無理なダイエットを強行するとか、そういうことはしないほうがいいと思います。

 

男性と女性ではもともと筋肉や脂肪のつきやすさが違うので、男性が無理をして女性と同じ筋肉と脂肪の量になったとしても、それはあまり健康な状態ではないと思われますし、脂肪が多すぎたりすると病気になるかもしれません。
筋肉を減らすとこれはこれで危険でして、筋力が衰えて仕事に差支えが出るかもしれませんし、そういう社会的、健康的リスクは避けるべきだと思います。

 

さらに筋肉の量についてですが、やや歳を取ってきますと(30歳後半くらいから)、女性のほうが男性よりも早く太りやすいといわれています。
これは女性が男性よりも筋肉の量が少ないためで、肉がたるんで落ちてきやすいためだそうです。
なので筋肉が多いほうが、なかなか肉がたるまず、すっきりしたプロポーションを維持することができます。無理に筋肉を減らしたりするのはおすすめできません。

 

もし筋肉や脂肪が多すぎて太っているように見えるなら、長袖の上着やロングのスカートなどをはいて、肌があまり露出しないようにするときれいにみえます。

 

さらにビデオや写真撮影の場合、特殊編集を用いて体を細く見せることもできます。
方法については詳しく後述しますが、無理なダイエットなどで体を壊すくらいなら、こうした特殊編集を覚えてソフトを購入したほうがいいと思います。

 

何より筋肉の量だとか脂肪だとか、健康面においては成人病のリスクとかかなり重大なところに関わってきますので、ぜひとも健康状態を損なわない範囲でやってほしいです。

 

下半身だけ映してみる

とりあえず女装することができたら、下半身だけ映してみましょう。
男女の身体的な違いは上半身、特に胸から上に集中していますので、下半身を映してもあまり違和感がないことが多いです。

 

下半身の違いといえば、最大の違いは骨盤の広さですが、実はスカートをはいてしまうとあまり気にならなかったりします。
この理由として、骨盤が広がるのは思春期以降の女子の特徴なので、つまり骨盤が狭い状態だと単に思春期以前の女の子か、もしくはスレンダーな女の子と見た目があまり変わらないからです。

 

実際、よほど太もも付近に筋肉が多くついていなければ、ショーツとスカートをはいて鏡に映してスカートをめくってみても、さほど違和感がなかったりします。
しかしこれが上半身まで全部鏡に映すと、いかにもごつごつして違和感が出てきたりします。

 

下半身は違和感があるけど上半身が違和感がない、というようなことはあまり起こらないので、女装したらまずは下半身だけ鏡に映したり写真に取ったりして楽しみましょう。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ