女装して一人エッチしてみる

女装して一人エッチしてみる

女装オナニーしてみる

衣装を無事手に入れたらまずは何をするかというと、ふつうはエッチなことしますよね?そりゃもう、性的な目的で購入したのだから当然です。

 

とくに古着ですと、以前着ていた女の子の「におい」が残っていたりします。それが制服だったりしますと、思春期の少女のにおいが残っていたりします。
多くの場合はあまりいいにおいではありません。長年着続けて染み付いた体液のにおいやわきのにおいは、いい香りというようなものではありませんが、少女の「リアルさ」はあります。リアルな少女の「体のにおい」だったりします。

 

それに興奮し、すぐさま制服にペニスをこすりつけてイってしまいたいという気持ちが沸き起こるかもしれませんが、そこは一つ冷静になって、できるだけ後の事も考えてください。

 

制服の表生地に思いっきり精液をぶちまけたりしますと、後で汚れが取れずに大変です。すぐ洗えばかなり落ちますが、場合によってはずっとシミが残り続けます。
制服は安い買い物ではありませんし、本当に楽しいのはこれからです。さまざまな方法で末永く楽しむためのアイテムです。ここで汚してしまい、見た目が悪くなったのではもったいないです。

 

どうしても制服に精液を思いっきり出したいという方は、せめて制服の裏の生地へ出してください。
制服を汚すとビデオで撮影するときなどにシミとして見えてしまうことがあります。
たとえばスカートに出すときは、スカートをはいて内側からペニスに生地をこすりつけるようにするといいでしょう。

 

制服は黒や濃紺が多いのであまり目立ちませんが、白のショーツなどですと、精液で汚したりするとシミが非常に目立ちます。
ショーツをはくときは特に、肛門にティッシュを挟んだり、ペニスの先端はショーツからはみ出させておくとか、できるだけ自分の体液で汚れないように工夫しましょう。

 

精液でなく、いわゆる先走り液(カウパー)でもけっこう汚れますので、注意してください。

 

特に肛門にティッシュを挟むのは忘れないように、おすすめします。一人で行為にふけっていると、やり方にもよりますがショーツが引っ張られるような感じになることが多いです。
なので実際、ショーツが肛門を締め付けるような形になり、Tバックのような形になり、肛門の汚物がショーツについてしまうことが少なくありません。
ティッシュを半分に折り、肛門のところに挟んでおくと効果的です。

 

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ