衣装を買う

衣装を買う

古着屋・アダルトショップ・コスプレショップ

女装するための衣装ですが、どこで手に入れるかといいますと、最もおすすめなのは古着屋です。ここではコスプレのような作り物ではなく、本物が売っていますので、質的に十分です。

 

念のため、ふつうに古着屋で女性の古着を買っても法的には問題ありません。ただし、未成年の女の子から直接下着などを購入すると違法になりますので、やめましょう。お店で売っているものは安全です。法的問題に関しては、詳しく後述します。

 

アダルトショップやコスプレショップでも衣装が売られていることがあります。女装用の衣装も売っていますが、女装用(つまり男性用)のものは割と大きめに作ってありますので、見た目も少し大きめになります。着られるのであれば、女装用ではなく「女性用」のもののほうがいいでしょう。
コスプレショップの衣装は、本物とは質感が異なる場合が多いので、そこも考慮してください。

 

インターネット上で近くの店舗を探すときは、グーグル検索などで「セーラー服」「中古」「(地名)」などで探してみてください。

 

 

通販は?

通販は、情報が少ないので注意しましょう。サイズが合わないと、せっかく買ったのに着られない可能性も出てきます。十分調べておきましょう。
家に同居人がいる場合、通販だと間違って家族があけてしまう可能性も考えられるので、注意しましょう。郵便局止めに対応しているショップもあるので、心配なら局留めを使うのがいいでしょう。
(局留めというのは届く商品を郵便局でいったん留めてもらい、自分が郵便局へ取りにいく方法です。これなら同居人にばれたりはしません)

 

インターネット上で探すときは、グーグル検索などで「セーラー服」「中古」「通販」などで探してみてください。

 

お店に入ろう!

店に入るのは、最初は勇気がいるかもしれませんが、変に恥ずかしがったりするとかえって不自然なので、堂々と買いに行きましょう。

 

服を買うとき、店員さんが自分のことを変態だと思っているように見えるかもしれませんが、それは間違いです。
そもそもお店の人は、同じような人を今まで数え切れないくらい相手にしているので、いちいち誰がどうだとか、考えていません。

 

それにお店の人たちも生活のため、商売でやっているので、少しでもたくさん売りたいと考えています。
なので、お客さんが不安になったり、お客さんのプライドを傷つけないようにと、ふつうはそのように注意しているはずです。
店員さんは、あなたを歓迎しているのだということを忘れないでください。

 

保管場所

買った衣装をどうやって保管するかという問題で、これも後述していますが、バッグに入れて南京錠をかけておくのがおすすめです。ダンボールに入れて放置したりしてはいけません。
特に同居人がいる場合、絶対に中身を見られないようにしておきましょう。

 

こういった衣装は、可能であればハンガーなどにかけて保管したほうがいいのですが、不可能な場合もあります。
あまりシワが目立たないよう、丁寧にたたんでしまいましょう。

アダルトグッズの通販は大人のおもちゃ通販大魔王
 
全サイトマップ